米コインベース「2021年の仮想通貨市場はベンチャーキャピタルにとっても記録的」

2021年を振り返る

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースのVC部門は28日、2021年を総括するレポートを発表した。「仮想通貨市場とベンチャーキャピタルの双方にとって記録的な年」と評し、出資した分野やプロジェクトについても明かしている。

投資額の増加

レポートでは、コインベースベンチャーズは年間で約150件出資しており、これまでの投資額の内、90%が2021年のものであることが明かされた。

出典:Coinbase Ventures

同社は、「仮想通貨業界全体の成長に不可欠な投資を行う」ことに専念しており、結果として、仮想通貨市場は会社に大きな利益をもたらしたという。

投資したカテゴリーの内訳

コインベースVC部門は、250社を超える企業に投資をしており、そのカテゴリーの内訳は以下のようになっている。

出典:Coinbase Ventures

プロトコルとWeb3インフラ(Protocols & Web3 infrastructure)

2021年は、イーサリアム(ETH)の他、ソラナ(SOL)ポリゴン(MATIC)アバランチ(AVAX)など新たなレイヤー1のチェーンだけでなく、Matter Labs、Optimism、Arbitrumなどメインチェーン外で取引を処理する「レイヤー2(L2)」ブロックチェーンが登場したと振り返る。

チェーンの数が増加するにつれて、チェーン間での安全で容易な資金移動の需要が高まっていることから、Biconomy、Movr、LayerZero、Chainflipなどクロスチェーンを促進するプロジェクトに積極的に投資してきたと明かしている。

また、ゼロ知識証明技術を用いたソリューションにも注目しており、Web3も優れたプライバシーをもたらすことを期待しているとした。

その他、データストレージや、メッセージング、IDといった標準機能をWeb3に導入する技術に投資しており、それらの開発に採用される組織形態のDAO(自律分散型組織)にも注目しているとした。

2022年はL1やL2で展開されるWeb3のUX(ユーザー体験)が向上する年と予想している。

関連:DAO(自律分散型組織)と株式会社を徹底比較【CONNECTV・動画解説】

関連:個人情報管理のカギとなる「ゼロ知識証明」とは|XSL Labs寄稿

分散型金融(DeFi)

出典:Coinbase Ventures

2021年は、Web3の活動が、複数のL1およびL2のプラットフォームで行われる未来を示唆した一方で、DeFiの活動は移行を開始したとした。そして、その活動の多くはAvalanche、Polygon、BSCなどEVM(イーサリアム・バーチャル・マシン)互換のチェーンやArbitrum、Optimismなどレイヤー2環境で行われたが、ソラナ、テラ(LUNA)コスモス(ATOM)、ポルカドットなど非EVMチェーンも大きく成長したとした。

また、同社は、分散型金融におけるユーザー保護の観点から、保険金融プロトコルのサポートもしているという。

2022年は、スマートコントラクトプラットフォームの戦いが激化し、分散型金融における保険分野も成熟すると予想する。

関連:DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

NFT(非代替性トークン)とメタバース

同社は、2021年は、NFT(非代替性トークン)が急速に普及し、メタバースへの関心が高まった年としている。

各チェーンでNFTが発行されると、OpenSeaなどのマーケットプレイスで取引が行われるだけでなく、Axie InfinityのようなP2E(Play-to-Earn)モデルのゲームが登場するなど、NFTの新しいユースケースが登場したと説明。また、Facebookがブランド名をMeta(メタ)に変更したことを引き合いに出して、メタバースへの熱が高まっているとも指摘した。

同社は、2022年は、メタバースプロジェクトとして有名なディセントラランド(MANA)ザ・サンドボックス(SAND)と、Web2を代表するマイクロソフトやメタ(旧Facebook)を中心として、Web3とWeb2の両方からメタバースアプリケーションが拡大すると予想している。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

関連:「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

中央集権型金融(CeFi)

同社は、取引の多くは中央集権的なプラットフォームに依存していることから、CeFiは依然として活発なカテゴリーであるとまとめている。

国ごとに異なる規制や銀行などのインフラ体制を横断して利用できるようなプラットフォームが必要と考えており、仮想通貨関連の金融サービスプロバイダに対しても積極的に投資をしているという。 そして、2022年もローカライズされたプラットフォームの整備がテーマになるとしている。

これからの仮想通貨市場

コインベースは、ブロックチェーン技術を用いたユースケース(DeFi、NFT、メタバース、ゲーム、DAOなど)の急速な拡大などを挙げて、仮想通貨市場を「2018年の市場とは異なる」と評価している。

そして、2021年に市場に流入した300億ドル(約3.5兆円)を引き合いに出して、「仮想通貨市場はこれまでになく明るい」とまとめた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します