上位100通貨の市場感情分析ツール『トムソン・ロイター市場心理指数』が公開される

トムソン・ロイター市場心理指数を公開
国際ニュース通信社のロイターは13日、MarketPsych Data社と連携し、上位100仮想通貨を対する仮想通貨市場の新たな感情分析ツールであるTRMI仮想通貨感情パッケージ(TRMI 3.1)を公開することを発表した。
仮想通貨市場における感情分析
『トムソン・ロイター市場心理指数』では、機械学習と自然言語処理を用いて、仮想通貨TOP100の取引に影響する「市場参加者の行動」を左右し得るニュースサイトやSNSにおけるセンチメント分析に役立てることが出来る。
センチメント分析とは
市場参加者のマーケットに対する強気や弱気などの市場心理を調査して、それを元に行なう相場の分析のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

仮想通貨市場のセンチメント分析ツール

国際ニュース通信社のロイターは6月13日、MarketPsych Data社と連携し、仮想通貨市場における「上位100通貨」に対する新たな感情分析ツールを公開することを発表しました。

ロイターは2018年3月にも、400以上の仮想通貨関連ニュースやメディアサイトからデータを分析し、ビットコイン市場の感情データを示す『トムソン・ロイター市場心理指数(TRMI)』を公開しています。

今回公表された、TRMI仮想通貨感情パッケージ(TRMI 3.1)は、2000ものニュースサイトと、800ものSNSからリアルタイムでデータを取得するとされており、”興奮”や”希望”といった人間の感情を自然言語処理や、機械学習を用いて分析されるようです。

ロイター社で投資顧問部門の国際責任者を務めるPradeep Menon氏は、仮想通貨の高まりについて、以下のように述べました。

「ロイター社の仮想通貨調査によると、仮想通貨はメインストリームに受け入れられてきており、数ヶ月のうちに取引を始めたいと考えている金融機関も増えてきた。」

具体的に、2018年4月に公開されたロイターの調査では、3〜12ヶ月の間に、仮想通貨取引を検討している金融機関は約20%に及ぶと記述されました。

仮想通貨市場における感情分析の必要性

MarketPsych Data社は、行動ファイナンスに基づいて、分析やコンサルティングを行なっており、現代の心理学を国際金融市場に応用する企業です。

一般的な経済学では、人々が合理的な判断を行うことが前提であるのに対し、行動ファイナンスは、人々が必ずしも合理的な判断を行うとは限らないと言う前提の上に成り立っています。

まだまだ未熟でボラティリティが高い仮想通貨市場は、合理性よりも、メディアの情報や業界内の著名人の発言などによって、激しく変動する場合もあるため、多くのメディアやSNSからリアルタイムで市場の感情分析を行う「TRMI3.1」は、効果的な分析方法であると言えるでしょう。

さらに、公開されたプレスリリースでも、以下のように記述されました。

「仮想通貨の価値は、オンラインでのコミュニケーションや情報によって大きく左右されるため、仮想通貨市場における取引の洞察は、既存の金融サービス資産と違い、非常に独特であると言える。」

CoinPostの関連記事

仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。
ビットコイン チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
ビットコイン(Bitcoin/BTC)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、ビットコインとは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加