3億円相当のビットコイン、1つのアドレスからウクライナ軍支援のNGOに寄付

巨額のビットコインを寄付

ブロックチェーン分析企業Ellipticは25日、ウクライナ軍を支援する1つのNGO(非政府組織)に、1つのアドレスから300万ドル相当(約3.4億円)のビットコイン(BTC)が寄付されたことを報告した。

ビットコインの数量で表すと80BTC。Ellipticは、現在ビットコインのような暗号資産(仮想通貨)が寄付金を集めるために重要な役割を果たしているとした。国境をまたぎ、送金をブロックする可能性のある金融機関を介さない代替手段として、利用が急増しているという。

ウクライナの政府や軍を支援するNGOや有志団体のウォレットを追跡しているEllipticは、今回の報告の前にも「Come Back Alive」というNGOが、24日だけで約40万ドル(約4,620万円)の寄付を受け取ったことを公表。今回の報告は、その後の最新データである。

関連ウクライナNGO、ロシア侵攻受け仮想通貨の寄付が急増

25日時点で、ウクライナの政府や軍を支援するNGOや有志団体に寄付された金額は合計で400万ドル(約4.6億円)超まで増加。この金額は、ロシアが軍事侵攻を開始してからの寄付の合計である。

Ellipticは、仮想通貨の寄付の急増には、Come Back Aliveが資金を集めるために利用していた「Patreon」の対応が関係している可能性があると見ている。Patreonは、集めた資金を武器や軍事活動に利用したことがポリシー違反に当たるとして、Come Back Aliveのウェブページを削除。集まったお金は寄付した人々へ返金すると25日に発表した。

現在、ビットコインだけでなくイーサリアム(ETH)を活用した寄付活動もある。また、仮想通貨だけでなく、NFT(非代替性トークン)の売上金を活用するという動きも確認された。大手NFT電子市場OpenSeaの「I Pray For Ukraine」というアカウントが、NFTの売上をCome Back Aliveに寄付すると説明している。

一方でEllipticは、Come Back Aliveを装って仮想通貨を送金させようとする詐欺行為も発生していると報告。上述したNFTについても、クリエイターの意思を確認できていないと補足した。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽など幅広く技術がされており、アート作品等のNFTが高額で購入される事例も多く確認されている。

▶️仮想通貨用語集

関連Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

ウクライナ情勢

露プーチン大統領は24日、緊急演説を行い、ウクライナ東部における「特別軍事作戦」の開始を宣言。その後に侵攻を開始しており、地政学リスクとして仮想通貨市場にも影響を与えた。価格が急落した後、連日の下落で安値水準にあったことからも買い戻しが入り、価格は反発に転じた。

関連ウクライナ戦争懸念のパニック売り一巡で金融市場反発、ビットコイン前日比+10%高に

ウクライナではロシア軍の侵攻が続き、首都キエフに向かっていると報じられている。想定を上回るウクライナの抵抗などでロシア軍の勢いが減速しているとの見方もあるが、先行きは現在も不透明だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します