イーサリアムL2ソリューション開発企業StarkWare、110億円超を資金調達か 現地メディア報道

StarkWareが資金調達

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のL2ソリューションを開発するStarkWare社は、1億ドル(約110億円)超の資金調達を行なっていることが分かった。同社の情報筋の話としてイスラエルメディア『CTech』が10日に報じた。

StarkWare社はイスラエルを拠点にする企業。今回の資金調達で企業評価額は60億ドル(約6,900億円)になると見られる。昨年11月のシリーズCの資金調達における企業評価額は20億ドル(約2,300億円)だったが、今回で3倍になる見通しだ。

関連イーサリアムL2「ZKロールアップ」開発のStarkWare、57億円調達

同社はゼロ知識証明を活用して、イーサリアムのスケーリングソリューションを開発している。プロダクトの1つ「StarkNet」は、先月イーサリアムのメインネット上で本格稼働した。

関連イーサリアムのL2ソリューション「StarkNet」、本格稼働を開始

ゼロ知識証明とは

証明プロトコルの一種。メインチェーン以外でトランザクションを処理してスケーラビリティを向上させるために、技術が応用されている。

「自身の主張が真実であること以外の情報を検証者に開示することなく(=ゼロ知識)、その主張が真実であると証明できる」という特性を、「ゼロ知識証明は、特定のブロックチェーンの外部で処理を行ない、その過程を提示しなくても、その処理が正しく実行されたことを証明できる」というように応用している。

▶️仮想通貨用語集

今回報じられた1億ドルの資金調達は、まだ完了していない。また、どういった企業らが出資するかも明らかになっていないという。シリーズCのラウンドは大手VCのSequoia Capitalが主導し、シンガポールのヘッジファンドThree Arrows Capitalや仮想通貨VCのParadigm、FTXの親会社であるAlameda Researchといった既存の投資家らも出資に参加した。

当時StarkWare社のUri Kolodny最高経営責任者(CEO)は、CoinPostの提携メディア『The Block』に対し、シリーズCの後も資金調達を行うことを示唆していたという。

企業評価額について

今回大きな注目を集めているのが、3倍になるとされるStarkWare社に対する企業評価額だ。以下のグラフは経済産業省が昨年3月に公開した資料。評価額の単位や事業期間など条件が違うため、StarkWare社との正確な比較はできないが、日米主要企業の企業評価額の推移を表している。

グラフの中で最も大きな成長を見せたのがアップル社。2018年から2019年と1年かけて2倍になった。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します