欧州委員会、公共ブロックチェーン基盤で助言する事業者を募集

欧州、ブロックチェーンインフラを構築中

欧州委員会(EC)は14日、ブロックチェーンの促進に関して助言などを行う請負業者を募集することを発表した。主に、ブロックチェーン規制サンドボックスの運営と、欧州ブロックチェーン・サービス基盤(EBSI)について法的助言を提供することが役割となる。

サンドボックスとは

実験を行うことのできる「砂場」の意味。特に、規制上のサンドボックスとは、当局の監督の下で革新的な商品やサービス、ビジネスモデルをテストできるようにする制度のこと。現行法などが限定的に緩和された環境の中で、革新的な企業によるイノベーションを育成することが可能となる。

▶️仮想通貨用語集

経緯として、2018年、EU加盟国27カ国とノルウェーおよびリヒテンシュタインは欧州ブロックチェーン・パートナーシップ(EBP)の創設宣言に署名。EBPは、欧州委員会と共同で欧州ブロックチェーン・サービス基盤(EBSI)を立ち上げた。

EBSIは、欧州全域で、公的機関が展開するデジタルサービスを支えることを目的としたブロックチェーンである。ECは、加盟国間の協力により、デジタルスペースでも欧州単一市場の利点を活用することが可能になると見込んでいる模様だ。

関連ブロックチェーンでつながるヨーロッパ、欧州全域ヘ公共サービス提供を目指すEBSIとは

規制サンドボックスの目標

公式発表は、規制サンドボックスについて以下のように説明した。

規制サンドボックスの目標は、EU各国およびEU全体レベルの規制当局や政策立案者と、企業の対話を促進することだ。それにより、ブロックチェーン上の分散型ソリューションについて法的な不確実性を取り除いていく。

ソリューションの中には、人工知能やモノのインターネット(IoT)など他の技術と組み合わせる応用事例も含まれる。

サンドボックスは、EBSIの活用事例と共に、産業部門における、その他の幅広いブロックチェーン応用事例の両方を対象にするという。

包括的な法的助言を提供

今回募集する事業者は、主に次の業務を担当することになる。

  • 規制サンドボックスの運営において調整役となり、法的専門知識と助言の提供を行う。
  • 外部の法律専門家として、EBSIのサービスやブロックチェーンの導入に関する法的・規制的側面について、包括的な助言を提供する。

EBSIのブロックチェーンに関しては、民法、会社法、行政法、データ保護、サイバーセキュリティ、その他すべての関連する課題について、法的助言と支援を行うことになるという。

EBSIは現在、ID証明、学位証明、社会保障証明などの分野で、導入事例を検討しているところだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します