取引所外へのビットコインの資金移動が増加傾向 過去24時間では1月29日以来最大

仮想通貨市況

23日の米株式市場でNYダウが前日比448ドル(1.3%)安と反落した。

ロシアへの経済制裁を強める中、パイプラインを経由するカザフスタンの原油輸出停止が伝わり原油先物価格が上昇した。逼迫するエネルギー供給が再び意識されたほか、これに伴うインフレ局面における金融引き締め加速懸念が投資家心理を圧迫した。

東京株式市場も前日比一時400円超安と下落した。ここ数日は売られすぎ水準から急反発しており、利益確定売り優勢となったものとみられる。

24日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比+1.7%の520万円(42,940ドル)。株式市場との相関は限定的で下値を切り上げつつある。

BTC/USD日足

オンチェーン分析プラットフォームIntoTheBlockによれば、主要な暗号資産(仮想通貨)取引所から15日間で約60,000BTC(25億ドル)相当のアウトフロー(出金)が確認された。

なお、過去24時間で15,000BTCのアウトフローは、1月29日以来最大規模とみられる。

IntoTheBlock

取引所外への資金移動を示し、足元の売り圧力低下を示唆するアウトフローの大幅超過は、好感される向きがある。

機関投資家動向では、米大手仮想通貨投資企業グレースケールがスマートコントラクトプラットフォームに特化した新たな仮想通貨ファンド(Grayscale Smart Contract Platform ex Ethereum Fund)をローンチしたことがわかった。

トップホールディングスとして、カルダノ(ADA)ソラナ(SOL)が含まれており、組成比率の25.35%をADAが、23.3%をSOLが占める。18.4%のアバランチ(AVAX)、15.4%のポルカドット(DOT)が続く。

私募を通じて適格投資家に提供するファンドの保有比率は、時価総額によって加重されるという。

詳細:米グレースケール、スマートコントラクト銘柄のファンドをローンチ

アルトコイン市場の動向

個別銘柄では、イーサリアムスケーリングネットワーク(L2)であるLoopring(LRC)が、前日比30%以上高騰した。

LRC/USD週足

米ゲームソフト小売大手のGameStop (GME)が23日、Loopring基盤のNFT電子市場「GameStop NFT Marketplace」のβ版ローンチを発表したことが材料視された。

【詳細】米ゲームストップ、LoopringでNFT電子市場ベータ版をローンチへ

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します