ICO分析:Kyber Network

Kyber Networkは「どの種類のブロックチェーンの支払いも可能にするイーサリアムのアドレス」を取得したいと考えているようです。

それは企業にとって高嶺の花でもあり、もし可能になればKyberが提供できる最高のサービスになるでしょう。

Kyberは取引所の性質が大事であるとともに、新しいサービスによって更なる価値を与えると信じています。

分析を進める前に、学問的かつ詳細な調査に協力してくれたKyberのチームに感謝をします。

Kyberは新しいサービス提供の最大の動機の一つとして”中央管理による危険性“を挙げています。

分散化され信頼性の低い性質を持つ仮想通貨やトークンは、中央管理による取引でさえ大半は内部の詐欺や外部のハッキングに狙われます。 これは継続する問題点であり、多数のハッキング事件により数千に上る利用者がさまざまな取引で数千ドルを失ったという報告がでています。

別の問題点は“即時取引の不足“です。

いくつか即時取引を提供するサービスがあるようですが、Kyberが強調したいのは多数の取引が完了するまでに時間が掛かりすぎているということです。

短時間で済む取引は好ましいですが、ShapeShift.ioやChangelly.comのような集中制御では不可能なのです。

もし二重支出が強化されれば上記二つの問題は悪化され、それを防ぐ方法は各ブロックチェーンに一定数の承認を命ずることです。

たとえばShapeShiftでビットコインには二つの承認が必要になるということです。

ShapeShiftは第三者であるBlockCypherを利用し取引の質を見極めます。

しかしKyber Networkやそれに類似したサービスが実現した世界では、ShapeShift、BlockCypherなどの中央制御取引所は通常の利用者にはもう時代遅れになっているでしょう。

Kyber Network関係者

Kyberは仮想通貨トークンを自由自在に世界中で取引や支払いできるような複数層からなるエコシステムを提案しました。

またKyberは様々な集中型サービスの機能をワンクリックで行えるようにも願っています。

もしある商売人が特定のトークンしか受け入れないような状況でも利用者は同じ価値を所持する別のトークンで支払えるということです。

さらに為替相場を決める基準を制御・維持するより、公平な分布を提供し注文の供給時のためにコインを蓄えることをKyberは希望します。

蓄積されたコインの管理は為替相場を満場一致により決定する“リザーブマネージャー(蓄積管理者)”によって行われます。

システム上の別の役割は蓄積の保持です。

ここで注意したいのは、5つ中の2つの役割は利用者と“オペレーター“によって果たされます。

基本的にオペレーターとは、ネットワークのマイナーであり、最終的なネットワークの情報の公式化する責任を持ちます。

残りの3つのネットワークの役割は蓄積の保持に直接関係します。

まずリザーブオペレーター(蓄積操作者)は流動性をリザーブコントリビューター(蓄積投稿者)から受け取り、コントリビューターはネットワークの一部の収益をオペレーターとリザーブマネージャー(蓄積管理者)とともに引き出します

これらの役割を3つのグループに分割することによりレートが公表されネットワーク内で利用される前にシステムが正常に機能することを確実にします。

多くの仮想通貨のプロジェクトとは異なり、利用者はトランザクションを送信するだけで、直ちに有効化されます。

その間ネットワークの蓄積を構成する部署は数字を移動させたり、ネットワーク側の最上部に記録が載るよう責任を果たします。

Kyberは既にこの理想的なネットワークを実現させるためのスマート契約を機能させています。

さらに八月には最低限必要な商品を開発する予定であると発表もしています。

さまざまな種類の取引の具体的なレートがわからないのは分散または信頼性が低いためで、一つの打開策のアイデアとして“ダイナミックリザーブ”が提案されました。

それは複数のイーサリアムリザーブが存在するネットワーク内で人気のペアは大きな実体に管理され、不人気のペアは低金利でネットワークに登録されるシステムです。

たとえばAragonネットワークでは世界的に受信する量が少ないためトークンの流動性を保障し、ネットワーク参加者にそのペア限定の蓄積資金の作成を可能にしたいと望みました。

為替相場はリザーブの3つの部署が確定し、取引の株価を等しくします。

一つのチェーンでこれが可能になることはとても重要で、Kyber Networkのマルチウォレット機能だけでも取引外部にトークンを保持することを希望するベテランの仮想通貨トレーダーたちを魅了することになります。

Kyberチーム

Kyber Networkの全取締役が、変革を起こそうとしている仮想通貨市場では重要人物です。

共同設立者であり代表取締役のロイ・ルー氏は常に仮想通貨やスマートコントラクト市場の調査を続けています。

彼の様な専門家がICOの指導的地位に存在することは重要であり、なぜ新システムの導入にKyberが念入りに準備をするかが納得できます。

イスラエル人でコンピューターサイエンスのPHDを持つヤロン・ヴェルナーは共同設立者また最高技術責任者の役割を果たし、さらにはリサーチャーとしてもヴェルナー氏はとても重要人物であります。

彼のイーサリアムクレジットに欠点がありましたが、バグバウンティープログラムの開発により補償されたようです。

このようなインフラストラクチャーに関る重要な事実はこれから彼がどのような人材を探すのかによってわかることでしょう。

ここでは以上となりますが、他のチーム員も恐ろしいほどに素晴らしい方たちです。

評価

新しいトークン配布またはその費用についてまだわからないことがある中、それらがネットワーク内での真の実用性もまた謎のままである、(ひょっとしたらトークン取引の基盤として利用され、最初から不動の価値を提供するかもしれない)という点を考慮しこのプロジェクトを評価しなければなりません。

即座の取引が欠いていると誤解を招くかもしれませんが、良いアイデアだということは間違いありません。

そもそも実際に仮想通貨市場で即時取引など存在しないのです。

成長の可能性

時間の経過とともに複数の選択肢が現れ、中央制御取引の必要性を完全に破壊するでしょう。

私たちはさらに多くのトークンが類似したサービスを通し直接保持者に利益を与えことを望みます。

これはよりよく、さらに公平に人々が投資をするできる手段であり、そしてこれがKyber Networkの場合であればKyberの評価は一層高まるはずです。

いずれにしても、このような技術はもうすぐ実現することでしょう。

もうじきKyberは最低限必要な商品を発表し、さらに多くの人がプロジェクトに興味を持つことにつながるでと予想しています。

一つのネットワーク内でいかなるトークンの送受信も“即座に”可能にすることは とても大きな利点です。

この斬新さと可能性は市場の取引に変革をもたらし、誰もがそのエコシステムで投資することができるようになることでしょう。

(それにより利用者に7ポイント提供)

リスク

このような全てのチェーンで取引できる分散されたネットワークを作るには壮大な努力が必要になる上、反対者を生むことも予想されます。

技術投資面では多額の費用を要するため、競争者の中から1.5ポイントを差し引かなくてはなりません。

Kyberはグローバルペアで必要となる量を作るほど、現在は人々を惹きつけることが出来てはいません

彼らのネットワークが完全に機能し成長するには壮大な量の活動が必要です。

Disposition

以上を踏まえると、Kyberの式は“7-1.5=5.5″となります。

もしトークン保持者が発売後トークンより利益を得るようになれば1点加算されることになるます。

そうなればさらなる利用者が後先の収入を期待し前金を払いトークンを入手することになるます。

これは理想的な状況でありICOはこれからそれを現実化する方向に近づくでしょう。

投資情報

残念ながら現時点ではKyberICOの情報はないようですが、メールリストやKyberのSNSに登録することで最新情報を得ることができます。

彼らがさらにコミュニティと従事しいろんな局面で市場を改善すれば、有益な投資として成長をすることは確実です。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加