CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン44000ドル台まで反落、国内上場銘柄のIOSTとPLTが一時前週比+60%に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

1日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は、前日比5.03%安の547万円(4,4540ドル)と反落した。

BTC/USD日足

BTCは8連騰後、200日移動平均線付近(上図:赤丸)で上値を重くしていた。

3月31日の米株式市場では、ダウ平均株価が前日比550ドル46セント(1.6%)安と続落した。上昇ピッチを早めていたことから、利益確定売りと四半期末の調整売りが先行したとの見方が出ている。暗号資産も米国時間から下落を強めるなど連れ安の様相を呈しており、調整を余儀なくされている。

当面は41,000ドル付近のサポートライン(下値支持線)までに下げ止まるかどうか注視されそうだ。歴史上最大級の地政学リスクであるウクライナ情勢が再び緊迫化するようなことがあれば、金融市場全体が再びリスクオフに傾くことは想像に難くなく、留意したい。

また、3月31日に欧州議会が仮想通貨ウォレットを規制対象とする法案条項を承認したことも、投資家心理に冷や水を浴びせた。

自己管理型デジタルウォレットへの仮想通貨送金について、1,000ユーロ(約13万円)以上の少額送金ついてもマネロン防止規則による監視対象とする内容が盛り込まれており、米最大手取引所コインベースのPaul Grewal最高法務責任者らが強い懸念を示していたものだ。

関連:欧州議会、仮想通貨の自己管理型ウォレットに関する規制を承認

一方、3月15日には、欧州連合における暗号資産の規制の枠組みを制定する法案「MiCA」において、エネルギー分野の環境負荷を念頭に「PoW(プルーフオブワーク)」に基づくビットコイン(BTC)などの銘柄の取引を禁止する条項については、委員会投票(賛成23、反対32)で否決されている。

関連:PoW銘柄禁止条項を非承認、EU議会で仮想通貨法案投票

アルトコイン市場の動向

国内銘柄の上昇率ランキングでは、パレットトークン(PLT)が前週比+58.89%の46.35円、アイオーエストークン(IOST)が前週比+60.32%の5.09円と高騰していた。

PLT

パレットトークン(PLT)は、昨年7月に株式会社HashPaletteが国内初のIEO(Initial Exchange Offering)を実施し、暗号資産取引所コインチェックに上場したNFT(非代替性トークン)特化型チェーンの独自トークン。

上昇の背景には、新NFTマーケットプレイス「PLT Place」のプレオープンがある。

PLT基盤の第一弾ブロックチェーンゲーム「ELF Masters」のNFTパックセールも本日行われる予定だ。「ELF Masters」は、HashGamesオリジナルのファンタジーアドベンチャー型P2Eブロックチェーンゲーム。

株式会社HashPortは先月2日、ブロックチェーンゲームスタジオ部門である「HashGames」の設立を発表。2022年夏までに3つの「Play-to-Earn」ゲームをリリースすることを発表していた。

各タイトルでは、共通するトークンとしてパレットトークン(PLT)が使用されるほか、将来的にはIEOを通じてPLTと併存した独自トークン発行も見据えているという。

ELF Masters

関連:HashPortがゲームスタジオ設立、パレットチェーン基盤のNFTゲームタイトル3つを発表

IOST

19年2月にメインネットローンチしたIOSTは、Javascriptで開発可能なdApps(分散型アプリケーション)環境やコンセンサスアルゴリズム「PoB(Proof of Believability)」の特徴を持ち、スケーラビリティとブロックチェーンの公平性に焦点を当てたプロジェクトでもある。

IOST財団は3月31日、「Project Entroverse」のローンチを発表した。

これは、最大のdApps(分散型アプリケーション)ネットワークを有するイーサリアム(ETH)の基盤を活かすことで、IOSTエコシステムの相互運用性強化を図る。IOSTSwapの構築を主導したのは、エコシステムの新しいパートナーノードであるSigma。

Project Entroverseには、IOSTのスワップ及び「IOST-ETH」のクロスチェーンブリッジ機能、Ethereum Virtual Machine(EVM)との互換性が含まれ、これにより開発者は、イーサリアムプロトコルをIOSTと簡単に統合できるようになるという。

IOST財団によれば、EVMユーザーがIOSTネットワークを利用することで、取引手数料(Gas代)がETHチェーン比較で最大99%安くなるほか、秒間処理速度を示す値は「最大8,000TPS」になるとしている。

関連:仮想通貨IOSTとは|初心者でもわかる重要ポイントと関連サービス

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア