コインチェック、仮想通貨ファクトム(FCT)上場廃止へ

FCT、国内上場廃止へ

国内暗号資産取引所コインチェックは6日、仮想通貨ファクトム(FCT)の取り扱いを廃止する方針を発表した。

ファクトムはデータのセキュリティ性に特化したブロックチェーン・プロジェクト。後継チェーンとしてレイヤー2のAccumulateに引き継がれることが決定していたが、アップデート後の動向が現時点で不明確である点や、「国内外の暗号資産取引所間で行うカバー取引を再開できない状態」を踏まえ、取り扱い廃止に至ったと説明した。

ファクトム(FCT)に係る今後の予定は以下の通り。5月17日をもってファクトムの取り扱いを完全に廃止することとなる。

  • 受取停止:4月7日
  • 売買停止:5月10日
  • 送金停止:5月17日

コインチェック側は5月10日14時までにFCTを取引所で売却するよう勧告。また、5月17日14時以降にコインチェック上のアカウントでFCTを保有していた場合、日本円に換金されるため、留意する必要がある。

コインチェックは2020年4月にファクトムの板取引での取り扱い開始を発表。それまで、コインチェックは販売所のみでアルトコインを取り扱っていたが、板取引に対応する初のアルト銘柄となっていた。

関連:コインチェック、板取引でFactom(FCT)の取扱い開始

ファクトムとは

2015年に発足当初の発行主体だったThe Factom Foundationがトークン販売(ICO)で、14万ドル(約1,700万円)を調達した仮想通貨黎明期のプロジェクト。その後プロジェクト自体(Factom Protocol)は2018年に分散化、2021年にはInveniam Capital Partnersが買収。

ICOとは

「Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開」の略称。企業やプロジェクトが、独自の仮想通貨トークンを発行・販売し、資金調達する行為を指す。

投機的側面が強い反面、各国の法整備が追い付いていないことから、詐欺まがいのICOが横行。各国の規制当局は規制強化で協調路線にある。

▶️仮想通貨用語集

21年11月にはFactom Protocolの考案者であるPaul Snow氏が新たに考案したAccumulate Protocolへハードフォークする方針が決定しており、当初は22年1Q(1月〜3月)中のアップグレードを予定していた。

3月上旬時点では、Accumulateのメインネットローンチは2022年2Q(4月〜6月)を想定しているという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します