IMF報告書「仮想通貨利用率と汚職・資本規制の度合に相関関係」

仮想通貨の利用拡大の要因を探る

国際通貨基金(IMF)は、先月末に発表された報告書で、「暗号資産(仮想通貨)の利用率は、政治的に腐敗していたり厳しい資本規制のある国々で高い傾向にある」と指摘した。

「仮想通貨、汚職と資本規制:国を超えた相関」と題した報告書は、2020年の調査データに基づき、日本を含む世界53カ国における仮想通貨の利用と、汚職や資本規制、高インフレ率などとの相関関係について分析した。

IMFの今回の調査では、サンプル数が少ないことや仮想通貨関連のデータの質から、分析結果は慎重に解釈する必要があるが、データが示す顕著な傾向には注意を払う価値があると主張。「決定的な証拠を待つのではなく、手遅れになる前に行動を起こす緊急性」を考慮すると、仮想通貨に対しては「自由放任」的なスタンスではなく、身元確認などの規制強化が必要であるとの見解を示した。

汚職と資本規制の多さと仮想通貨利用の関係

IMFは、仮想通貨利用に関して、2020年のStatistaによる世界消費者調査のデータ(1カ国当たり2,000人から1万2,000人:55カ国からの回答)の一部を使用。汚職抑制指数(Worldwide Governance Indicatorsより)、消費者物価の平均インフレ率、資本の解放性、一人当たりの実質GDP、2017年から2019年の仮想通貨の平均送金額、インターネットサーバーの普及割合などが変数として使用された。

報告書は以下のような結論を導き出した。

汚職が多い国や資本規制が多い国ほど仮想通貨の導入シェアが大きい傾向がある。このことから、仮想通貨が汚職による収益の送金や資本規制の回避に利用されている可能性が示唆される。

このIMFの結論に対し、 米仮想通貨政策シンクタンク「Coincenter」のNeeraj Agrawalコミュニケーション・ディレクターは、IMFの結論の導き方に疑問を呈している。

なぜか、IMFは仮想通貨が悪いものだという結論に達している。。。劣悪な状況にある人々が仮想通貨を使っているのではなく

仮想通貨のリスクを強調

IMFは仮想通貨のリスクを指摘し、規制強化を呼びかける立場をとっている。

昨年10月には世界の金融安定性に関するレポートで、仮想通貨がもたらす課題とリスクを指摘し、さらなる規制強化を促した。

IMFは不十分な消費者保護対策、仮想通貨の匿名性、国により異なる規制、ステーブルコインなどをリスク要因として挙げた。

関連:IMF(国際通貨基金)、仮想通貨の規制強化を促す

また、世界で初めて、ビットコインを法廷通貨に認定した中米エルサルバドルに対しては、昨年から繰り返し懸念を表明。今年1月に行われた同国との二者協議でも、ビットコインの金融安定性リスクなどを指摘し、法廷通貨としての地位を取り消すように通達している。

関連:IMF、エルサルバドルにビットコインを法定通貨から外すよう催促

一方、エルサルバドルのブケレ大統領はビットコインに対する強気の姿勢を崩しておらず、同国政府は今年1月に410BTCを約17億円で買い増した。(取得平均価格は1BTC当たり約410万円)

民間レベルではエルサルバドル政府を支援する動きもある。エルサルバドルのビットコイン採用を促進するため、仮想通貨起業家のSamson Mow氏の新会社「JAN3」は9日、同国政府と覚書を締結した。

関連:ビットコイン開発者の新会社JAN3、エルサルバドルの「ビットコイン・シティ」で政府と覚書締結

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します