ビットコイン開発者の新会社JAN3、エルサルバドルの「ビットコイン・シティ」で政府と覚書締結

エルサルバドルと覚書を締結

仮想通貨(暗号資産)起業家のSamson Mow氏は7日、新会社JAN3を設立して評価額110億円(1億ドル)で25億円(2,100万ドル)を調達したことを発表した。エルサルバドル政府と覚書(MoU)を締結したことも明かしている。

米フロリダ州のマイアミビーチで開催されている「ビットコイン・マイアミカンファレンス2022」でSamson氏が語った内容によると、JAN3はビットコインの採用拡大の鍵を握る「Liquid Network」や「Lightning Network」などのレイヤー2技術の導入支援に重きを置いている。

ライトニングネットワークとは

ビットコインのトランザクション処理能力を解消するため、レイヤー2を利用したオフチェーン技術のこと。ライトニングネットワークを導入すれば、混雑しがちなブロックチェーンの外で取引を行うことができ、取引の高速化や手数料削減につながる。取引の高速化や手数料削減が実現すれば、少額決済が行えるようになるため、それによって新しい商品やサービスが生み出されることも期待されている。

▶️仮想通貨用語集

JAN3はまた、国家によるビットコイン採用を促進するためにデジタルインフラの開発プロジェクトに専門知識を提供する。Samson氏はエルサルバドルと交わした覚書について、「ビットコイン・シティでデジタルインフラを構築するために協力するという全般的なもの」と説明した。

エルサルバドルは21年9月に世界で初めてビットコインを国の法定通貨として定め、全ての決済シーンで市民がビットコインを利用できることを認めていた。ビットコイン・シティは同国東部で建設中の仮想通貨特区。消費電力は火山由来の地熱発電で補われ、余剰電力をビットコイン(BTC)マイニングに充てる計画が明かされている。

関連:エルサルバドルの「ビットコイン・シティ」構想、火山熱100%利用へ

元Blockstream CSOのSamson Mow氏

Samson Mow氏は長らくビットコイン(BTC)の発展に貢献してきた人物。世界有数のブロックチェーン技術企業BlockstreamでCSO(最高戦略責任者)を務め、国家によるビットコイン採用を支援する目的で22年3月に独立していた。

新会社「JAN3」という名称は、ビットコインの最初のブロックである「ジェネシスブロック」が採掘された2009年1月3日に由来。JAN3はBlockstreamの2つのプロダクト、仮想通貨ウォレット「Aqua Bitcoin Wallet」とNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Raretoshi」を引き継ぐという。

JAN3への出資には、仮想通貨専門投資ファンドAtlanta Digital Currency FundのAlistair Milne最高情報責任者、マイニング企業F2Poolの共同設立者Chun Wang氏、ビットコイン投資家のMax Keiser氏が設立した投資会社El Zonte Capitalが参加した。

関連:ライトニングネットワークの新プロトコル発表 ステーブルコイン発行を可能に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します