夕刊CoinPost|6月25日の重要ニュースと仮想通貨情報

夕刊CoinPost
学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。エアドロップ情報を下に掲載しています。
目次
  1. ETFがビットコイン価格を35,000ドルに引き上げる
  2. バハマ:国家が支援する仮想通貨は実現するのか?
  3. ケベック州:仮想通貨マイナーに500MWを提供する計画が提出される
  4. シリコンバレーのクジラ:ビットコインで数百万ドルのダイアモンド購入
  5. Electra Coin(ECA):新発表
  6. ウクライナ:偽仮想通貨取引所を運営していた4人を逮捕

CoinPost重要ニュース3選

まずは、CoinPost記事のニュースから。

Brian Kelly氏が語る6000ドル割れのビットコインが復活する3つの理由|仮想通貨取引所への業務改善命令はポジティブ

仮想通貨投資ファームのBKCM LLCの創業者・CEOであるBrian Kelly氏が日本時間6月23日、CNBCの経済番組Fast Moneyに出演し、ビットコインが復活する3つの理由について語った。

Brian Kelly氏が語る6000ドル割れのビットコインが復活する3つの理由|仮想通貨取引所への業務改善命令はポジティブ
ビットコインは6000ドルの大台を割り込み、相場は一層悲観的になっていますが、Kelly氏は悲観的感情はピークに近づいていると言います。同氏は日本の仮想通貨取引所への業務改善命令についてもポジティブに捉えています。さらに、Mt. Goxの民事再生手続開始が市場の売り圧力を弱めることになるでしょう。

中国が第2回「ブロックチェーン格付けTOP30」を発表|総合評価1位はEOS、ビットコインは17位

中国の行政機関、中国情報産業省電子情報産業発展研究院(CCID)は先月から世界中のブロックチェーンを専門家が技術的に評価する「国際パブリックチェーン技術評価指標」の公表を開始。今月20日に第2弾が発表され、EOSが総合評価1位に選出された。

中国が第2回「ブロックチェーン格付けTOP30」を発表|総合評価1位はEOS、ビットコインは17位
中国の行政機関及び専門家が、世界中の仮想通貨パブリックブロックチェーンを技術的に評価する第2回「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表。新ランキングTOP30の総合評価では、EOSが1位になった。

BITMAIN社のビットコインハッシュレートが51%に接近|非中央集権を脅かし得る

中国にあるビットメイン社がビットコインネットワークハッシュレートの42%以上を占めるに至っている事がbtc.comの直近1週間の統計で判明した。

ビットコイン本来の非中央集権的特性は失われているのか。

BITMAIN社のビットコインハッシュレートが51%に接近|非中央集権を脅かしうる
中国にあるビットメイン社が、直近1週間の統計で、ビットコインネットワークハッシュレートの42%以上を占めるに至った。ビットメイン社はBTC.comとAntPoolの2社を保有しており、それぞれが27.0%、15.2%のブロック承認率を達成している。

Pick Up(全般)

ETFがビットコイン価格を35,000ドルに引き上げる

仮想通貨研究グループによると、ビットコインの価格は、近い将来実現すると憶測されているビットコインETFにより35,000ドル以上に上昇する可能性がある。

仮想通貨ヘッジファンドのBlockTowerの共同設立者であるAri Paul氏を含む著名投資家達は、2018年末までに機関投資家によって次の中期回復が誘発される可能性が高いと述べている。

Paul氏は、機関投資家が仮想通貨市場に参入することを妨げている最後の壁として、信用できるカストディアンシップ(管理人)がと組織的な仮想通貨商品一式が欠けている点を指摘。

Coinbaseのカストディアン・ソリューションとカストディアンとしてのデジタル資産運用会社の認可が完了次第、機関投資家は仮想通貨市場に参入する可能性があると語った。

機関投資家の資金は2017年の中頃に仮想通貨市場に流入し始めているが、予想以上に遅れていると以前Paul氏はツイートしていた。

バハマ:国家が支援する仮想通貨は実現するのか?

自由港として有名なバハマはカリブのシリコンバレー目指している。その一環として同国中央銀行は先週デジタル通貨を試験運用する計画を発表した。

首相代理兼財務大臣であるPeter Turnquest氏は、先週行われたバハマ仮想通貨・ブロックチェーンカンファレンスでバハマを『デジタルパラダイス』にする彼の夢について以下のように語った。

近代的な完全デジタル決済サービスを作り出すことは、このデジタル時代に適したガバナンスの方法だ

現在バハマではバハマドルとUSDは同時に使われているが、バハマドルは米ドルの値段に1:1の比率で固定されているため、事実上バハマに独自の通貨はない。

デジタル通貨を作成することにより、島々の国内総生産90億ドルを真の自国の通貨に反映することが可能になる。

バハマ諸島は、エクアドル、中国、セネガルやシンガポールと並び、仮想通貨を検討しているか、積極的に取り入れている国の1つとなった。

ケベック州:仮想通貨マイナーに500MWを提供する計画が提出される

カナダケベック州の公共電力事業者、Hydro-Quebec(カナダ・ケベック州の電力会社)が仮想通貨マイナーと協力する新しいフレームワークを作る計画を州政府に提出した。

電力事業者の提示が承認された場合、Hydro-Quebecに仮想通貨マイナーが入札して、マイナーの雇用創出能力や経済効果を元に決定されるようになるという。

また実現が可能となった場合、マイナーの電力使用量には限度が定められる方針とのこと。

シリコンバレーのクジラ:ビットコインで数百万ドルのダイアモンド購入

シリコンバレーでは高価時計、ダイヤモンドや高価アイテムを数百万ドル分をビットコインで購入する人が複数いる。

2014年に仮想通貨決済を導入したシリコンバレーの高級時計・ジュエリーブティックであるStephen Silver Fine Jewelryが、仮想通貨での決済が過去1年間で売上の20%に増加したことを発表。

BTC、BCH、XMRなどの仮想通貨での決済を受け入れてるが、承認されているのはBitpayウォレットからのみ。

従来のレガシーシステムよりも高速な転送時間を提供し、wire transfer(電信送金)より簡単で安全な代替手段として同社は仮想通貨の取り扱いを開始した。

Electra Coin(ECA):新発表

Electraは大体的にATMとPOSとのパートナーシップを6月28日に発表予定。ECAは3000以上のATMと30000以上のPOSデバイスを世界中に設置するようだ。

ウクライナ:偽仮想通貨取引所を運営していた4人を逮捕

ウクライナ、Dnipro市内で、警察が複数の偽仮想通貨取引所を立ち上げていた20代の男性4人を逮捕したと発表した。

警察側は、彼らが運営していた6つ偽取引所を把握しているが、まだある可能性があると語った。

6つの偽取引所の名前は以下の通り。

  • moneycraft.info
  • wowex.online
  • swapex.net
  • myexchanger.lv
  • iconvex.net
  • likechange.biz

犯罪者達は”プログラミング分野で特別な知識とスキル”を持ち、”取引所サイトのコンテンツを管理するための独自CMSシステム”を作成していたことを警察は述べた。

現状警察当局は被害総額をまだ正確に把握仕切れていない。

逮捕時に押収された機器から情報を収集することができるかもしれないとのこと。

警察が4人の男性の家を突撃したときに、フラッシュドライブ、コンピュータ、スマートフォン、その他の機器が押収されたとの報告があった。

CoinPostの関連記事

最新の仮想通貨エアードロップ(無料配布)情報一覧|毎週更新
仮想通貨の無料配布イベント、エアードロップ(AirDrop)が行われる通貨の最新情報一覧です。無料配布されるイベントであるため、エアードロップ前に投資家達が買い漁り価格が押し上げられ、実施直後、価格減少しやすい傾向にあります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加