米株指数急落でリスクオフ顕著に、コインベース指標から探るビットコインのトレンド転換点は

仮想通貨市況

先週末の米国株式市場は大崩れ。

ダウ平均株価は前日比981ドル(2.82%)安、ナスダック指数は前日比335.36ドル(2.55%)安と大幅下落となった。

国際金融市場で現在最も注目される米連邦公開市場委員会(FOMC)を5月4日に控える中、パウエル議長をはじめとするFRB(米連邦準備制度)関係者らのタカ派発言が相次ぎ、インフレ抑制のための”金融引き締め”加速警戒で、ポジション縮小の動きが優勢となっている。

これに伴い、東京株式市場では日経平均株価が前日比526.56円(1.94%)安に。暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)価格が前日比450.93ドル(1.14%)安と続落。アルト市場も全面安と厳しい情勢だ。

BTC/USD日足

直近では、株指数の下落幅と比較して下げ渋っているようにも見受けられるがジリ貧には変わりなく、株式市場がこのまま崩壊するようであれば市場規模差からしても持ち堪えられるのは時間の問題か。

ここ数ヶ月で上昇の一途を辿る米長期金利推移や米消費者物価指数(CPI)、ドル・インデックスなどの重要指標が、FRBの政策金利引き上げを経て上昇を一服、あるいは下げに転じるなど、インフレ抑制の成果として目に見えた買いシグナルが求められる局面と言えるだろう。

2020年以降で莫大な資金力を持つ機関投資家が相次ぎ参入し、より大きなエクスポージャーを得るにつれ、仮想通貨市場はナスダックなど米株指数との相関係数を強めている現状にあることは否めない。ビットコインは金(ゴールド)と類似した代替(オルタナティブ)資産というより、伝統金融市場におけるリスク資産と近しい振る舞いを見せているとの指摘も根強い。

相場の転換点は

一方、デリバティブ(金融派生商品)市場ではショートポジション増加に伴いFundingRate(資金調達率)が傾き始めており、相応の反発があれば3月FOMC通過後のようなショートスクイーズ(踏み上げ)は起こり得るものとみられる。

BTC Funding Rates History

現在の下落トレンドの転換点を探るにあたり仮想通貨ストラテジストのKevin Svenson氏は、米最大手取引所コインベースの”(週間)出来高推移”が指標になると指摘した。

同氏は「BTC価格の大幅下落後に、コインベースで週次出来高の急増が見られた場合は”底入れシグナル”となり得る。天井圏における逆のパターンもまた然り。」と言及。過去の暗号資産(仮想通貨)相場における実例を示している。

出典:Kevin Svenson_Twitter

2020年3月のコロナ・ショックでは、1BTC=3,800ドルまで前日比-50%近くに達する暴落で大規模ロスカットと大量の出来高を伴うセリング・クライマックスが発生。その後反転上昇に転じた。

Kevin Svenson氏は、「昨年の底値である1BTC=30,000ドル付近はサポートライン(下値支持線)として機能した。しかし、当時は(金融緩和フェーズで)株式市場の地合いが良かった。現在は(金融引き締めフェーズで)金融市場全体の地合いが悪く、ビットコインが同水準まで下落したとしても底打ち反転できるかどうかは懐疑的だ。」との見方を示している。

Microstrategyは売却を否定

MicrostrategyのMichael Saylor CEOは、130,000BTC近く大量保有するビットコインの売却を進めているとの噂を受け、「ビットコイン売買に関わる重要な取引内容については、上場企業として米証券取引委員会(SEC)、及び株主に開示する法的義務がある」と否定した。

ビットコインの価格予想

オーストラリア拠点の比較サイトFinderの金融専門家ら35人は、2022年末までのビットコイン(BTC)予想価格を65,000ドル〜81,000ドルと見込んでいる。これは、Finderが四半期(3ヶ月)ごとに行うリサーチの一環で、次の「半減期(2024年)」翌年の2025年までに1BTC=179,000ドルまで上昇する可能性があると予想している。

強気予想ではあるものの、22年末までのBTC価格を76,360ドル、25年末までに192,800ドルと予測した3ヶ月前(今年1月時点)と比較すると-5〜10%ほど下方修正された。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻と各国の経済制裁を受け、欧州を中心に金融・経済の混乱を招いたことが背景にある。

一方、目先の価格推移については、中立〜弱気予想が支持を集めており、ダウンサイドリスクへの警戒感が高まっている。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します