米コインベース、STEPN銘柄の新規上場を発表

GMTとGSTがコインベース上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは28日、銘柄の新規取扱を発表した。

新たに取り扱う対象は、GMTとGSTで、取引は28日の9時(PT時間)以降開始する予定。

通貨ペアは、GMT-USD、GMT-USDT、GST-USD、GST-USDTとして提供する。

STEPN(ステップン)はソラナ(SOL)ブロックチェーン基盤の「運動して稼ぐ(Move to Earn)」分散型ゲームアプリ。GMTはSTEPNのガバナンストークンで、GSTはアプリ内通貨として利用されている。

現在、バイナンスやFTX、KuCoin、Bitrue、PancakeSwap、Serum DEXといった取引所がGMTとGSTを取り扱っている。

関連大手スポーツブランド「アシックス」、STEPNとコラボ

今回の銘柄新規上場はコインベースの今週の2度目となる。26日には、Oasis Network(ROSE)の上場を実施した。

関連米コインベース、銘柄の新規上場を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します