ゴールドマン・サックス、ビットコイン担保ローン提供か=報道

ビットコイン担保ローンを提供か

米金融大手ゴールドマン・サックスは暗号資産(仮想通貨)ビットコインの担保ローンを提供するようだ。ブルームバーグが報じた。

同社代表の発言として報道したブルームバーグによると、現金の融資(ローン)はビットコインを担保とするもので、「ゴールドマンがこの取引に興味を持ったのは、担保の仕組みと24時間体制のリスクマネジメントが評価されたからだ」という。

米国ではすでに米Silvergate銀やコインベース、Figure社なども類似した仮想通貨の担保ローンチを提供しているが、ゴールドマン・サックスはそれを提供する初のウォール街の代表的金融機関になる。

ゴールドマン・サックスは最近、仮想通貨との関わりを促進する姿勢を見せている。先週には、大手仮想通貨取引所FTXと協業する可能性が報じられていた。また、3月には初めてビットコインのデリバティブ商品のOTC取引を初めて行ったことも明らかになっていた。

関連ゴールドマン・サックス、仮想通貨取引所FTXと協業か=FT報道

関連ゴールドマンも出資、仮想通貨セキュリティ企業CertiKが約100億円調達

なお、日本では株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンの合弁会社である「Fintertech株式会社」がビットコインの担保ローンを2020年から提供してきている。

関連大和証券傘下のFintertech、個人向けのビットコイン担保ローンを提供開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します