ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルに行ってみた|体験記寄稿2 ビットコインを世界で初めて法定通貨に採用し7ヶ月が経過したエルサルバドルで垣間見た現実

エルサルバドル滞在紀行

エルサルバドル訪問記の第2弾はビットコインビーチの知られざる起源についてお伝えする予定でしたが、記事執筆中に心配なニュースが入ってきたので、予定を変更してニュースおよびそれがビットコインアダプションにどう影響するかついてお届けします。

本記事は4月6日〜9日にBitcoin 2022という世界最大のビットコインカンファレンスが開催されるマイアミで書いているのですが、カンファレンス初日の6日午後、登壇者として予定されていたBukele大統領が欠席とのニュースが入ってきました。

日本で報じられているかわかりませんが、エルサルバドルでは3月下旬にギャングが1日で87人もの一般市民を殺害するという衝撃的な事件がありました(アルジャジーラ)。

Bukele大統領はすぐさま非常事態宣言を発動し、1万人を超える警察、軍隊を投入して数日のうちに1000人以上、7日までに7500人近くの身柄を拘束しました。

30日間の非常事態宣言中に外国訪問というわけにはいかないのでしょう。ある意味、ギャングの狙い通りの展開です。今回の事件は偶発的ではなく、意図的、計画的というのが大方の味方です。先週のコラムでお伝えしたように、エルサルバドルは長年にわたり殺人事件発生率が世界最高という不名誉を甘受していましたが、Bukele大統領は就任1年目でこれを半減し、その後も低水準に抑えてきました。

しかし、昨年秋、一時的にギャングによる犯罪が急増しました。11月に中南米最大のビットコインカンファレンスがエルサルバドルで開催されるのを受け、Bukele大統領への注目度が増していた時期です。今回も、昨年ビットコイン法定通貨化を発表したカンファレンスで何か重大発表があるのでは?とBukele大統領に関心が高まっていたタイミングです。

Bukele大統領が殺人率削減に成功した理由の一つとして、まことしやかに囁かれているのがギャングとの裏取引です。もちろん政権は認めていませんし、確証を持って報じるジャーナリストもいません。ただ、現地では「政府とギャングの交渉は死体を介して行われる」とも言われており、今回もギャングが自らの存在をアピールし、何らかの便宜を引き出そうとしたのではと考えられています。

一つ気がかりなのが、警察が押収したギャングの携帯電話の通信記録から、今回の事件は幹部の命令ではなく、10代の若い層が勝手に行ったことを伺わせるやりとりがあったことです

従来、ギャングによる殺人は被害者もギャングということがほとんどで、今回のように子どもを含む一般市民が犠牲になることは珍しいそうです。政権に手懐けられたように見える幹部に対する反抗がこのような形になったとしたら、これまでと同じ対策が機能しなくなる恐れもあります。

こうした自国の非常事態への対処を優先すべく、カンファレンスを欠席するのは至極当然です。この事件が今後ビットコイン普及にどのような影響を及ぼすかはわかりませんが、すでにエルサルバドルへの投資、移住、旅行を延期する、再考すると言っているビットコイナーは少なくありません。特に家族を伴って移住することを考えていた人は当然ですが慎重になっています。事件の直接的影響と言っても良いでしょう。

El Zonteだけでなく、El Tuncoなどサーフシティではホテルや外国人向けのコンドミニアムのちょっとした建設ブームが起きています。ビットコインの普及状況視察に訪れるビットコイナーのおかげで観光業が30%も伸びたのに、事件のせいで、一時的かもしれませんが観光や不動産需要が落ち込む可能性は十分あります。せっかく史上初の2桁を記録した経済成長にも影を落とすでしょう。

残念ながら欠席となりましたが、Bukele大統領はカンファレンスで何を話すつもりだったのでしょうか?

私が期待していたのは、当初3月中旬に販売開始予定だったビットコイン債券について、遅れている理由の説明と新たなタイムラインです。ロシアのウクライナ侵攻で金融市場が不安定化したことを理由に挙げていますが、断片的な情報に基づくと、証券法整備の遅れで引受会社であるBitfinexが許認可を取得できないでいることや、IMFとの債務返済繰り延べ交渉中であることなども一因かもしれません。債券に関してだけではなく、Bukele大統領による情報開示については、開示する情報量が少なすぎること、都合の良い情報しか開示しないことなどこれまでも問題視されてきました。

Bukele大統領はビットコインを法定通貨に採用することで得られる効果として、金融サービスへのアクセス、雇用創出、経済成長が期待できると国民に希望を与えたのです。私の知人はビットコインシティにお店を出すことを夢見て、親子そろって英語の勉強を始めました。国民に壮大な夢を売った以上、Bukele大統領には責任持ってそれを叶えてほしいです。ビットコイナーが勝手に見てる所得税やキャピタルゲイン税から逃れるという夢とは次元が違うのです。計画が遅れるなら、きちんと情報開示して理由を説明すべきです。

エルサルバドルに続く国々

最後に、4月7日にBitcoin 2022でエルサルバドルに続き、隣国ホンジュラスが経済特区Prósperaでビットコインを法定通貨に認定したことが発表されました。またポルトガルの自治州マデイラとメキシコでもビットコインの法定通貨化に向けて準備や検討を開始したことが発表されました。

エルサルバドルという小国が去年のBitcoin 2021で突如発表したニュースが、ドミノ倒しの最初の一押しとなったとビットコイン史に永遠に刻まれることになったわけですね。

続きはこちら:ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルへ行ってみた|体験記寄稿3

寄稿者:練木照子(Teruko Neriki)練木照子(Teruko Neriki)
ビットコインとライトニング関連スタートアップへの投資に特化したVCフルグルベンチャーズ所属。「ビットコインスタンダード」「ビットコインの歩き方」翻訳出版。ビットコイン研究所について詳細はこちらからご覧いただけます。
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します