エルサルバドル政府、数ヶ月ぶりにビットコイン買い増しを実施

ビットコイン続落

エルサルバドル政府は5月10日、ビットコイン(BTC)の買い増しを発表した。

エルサルバドルのNayib Bukele大統領は10日にツイッターで買い増しの発表を行い、「500BTCのビットコインを取得平均価格30,744で押し目買い(ディップ買い)した」と説明している。

今回は、1月22日以来の買い増しとなる。前回は取得平均価格36,600ドルで410BTC購入。今回の購入分を含めて、同国が保有するビットコインは2,301BTCに上る。

ビットコインは9日の大幅下落に続き、前日比-8%以上の下落幅を記録。一時的に3万ドルまで落ちていた。

下落の背景には、米国株式市場の大幅安やステーブルコインUSTの急落などがあると見られる。現在、USTは0.9359ドルで取引されており、1ドルという基準値から乖離している。

出典:CoinGecko

関連無担保型ステーブルコインUST(TerraUSD)の価格が急落、仮想通貨市場で懸念広がる

関連ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルへ行ってみた|体験記寄稿5

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します