イーロン・マスク氏、ツイッター社の買収を一時保留すると表明

買収の意義を精査

米電気自動車大手テスラの最高経営責任者(CEO)で起業家のイーロン・マスク氏は13日、ツイッター社の買収を一時保留する意向を示した。

保留する理由は、ツイッター上のスパムや偽のアカウントの数が、ユーザーの5%以下であるというツイッター社のデータを精査するためだと説明。マスク氏は、買収の合意が発表された際、買収手続きが完了したらスパムのボット対策も行っていきたいと述べていた。一方で、一時保留の意向を示した約2時間後には、引き続き買収は進めていくとコメントしている。

ツイッター社が、マスク氏による買収提案に合意したことを発表したのは先月25日。同氏は以前からツイッターに対する不満をツイートしたり、新しい機能の導入等について独自にアンケートを実施したりしていた。買収契約が完了した後は、ツイッター社の株式を非公開化して上場を廃止する計画で、新しい機能を追加することでプロダクトを強化したり、アルゴリズムをオープンソース化して信頼性を高めたりして、ツイッターをより良いSNSにしたいと説明している。

関連ツイッター社、イーロン・マスク氏の5.6兆円規模の買収提案に合意

買収合意の発表後、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスらが、マスク氏のツイッター社買収を支援することも明らかになったが、一方でツイッターの今後を懸念する声も上がった。言論の自由を主張するマスク氏が同社を率いて、不適切な投稿の管理がしっかり行われるかという点が疑問視されている。

関連仮想通貨取引所バイナンス、マスク氏のツイッター買収に参加

他にもマスク氏を巡っては今週、ツイッター社の株式を保有した報告を期限内に行わなかったとして、米証券取引委員会(SEC)が調査に乗り出したことが報じられた。報告を遅らせることで株価の上昇を防ぎ、自身に有利に株式の購入を進めた疑いが持たれているという。

今回マスク氏が買収を保留する意向を示した後、ツイッター社の株価は10%超下落。買収手続きの完了は2022年内を目指しているが、これからツイッター社の株主の合意や規制当局の認可を得たり、慣習的な買収完了条件を満たしたりする必要がある。

マスク氏と仮想通貨

マスク氏はこれまで、仮想通貨についても数多くツイートしてきた。ビットコイン(BTC)やドージコイン(DOGE)に関するツイートをして、市場が反応したこともある。また、ツイッターの有料版サービス「ツイッターブルー」の支払い手段としてドージコインを認めるべきとも投稿していた。

関連物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

今月には同氏がツイッターアカウントのプロフィール写真を人気NFT(非代替性トークン)コレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の画像に変更。しかし、その後に画像は、自身が所有するNFTではなくコラージュであることが発覚したり、マスク氏がNFTに批判的なコメントを投稿したりしたため、関連する資産の価格が上下に揺さぶられる事態となった。

関連イーロン・マスク氏、ツイッタープロフィールをNFTに変更 ApeCoin(APE)が乱高下

ドージコインとは

2013年にジョークとして開発された、柴犬をモチーフにした仮想通貨。マスク氏のツイートによって注目度が高まり、ユースケースが増加した。

▶️仮想通貨用語集

関連ドージコイン(DOGE)とは|パロディとして登場した仮想通貨

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します