ツイッター社、イーロン・マスク氏の5.6兆円規模の買収提案に合意

ツイッター社を買収へ

SNS大手のツイッター社は25日、米電気自動車大手テスラの最高経営責任者(CEO)などを務めるイーロン・マスク氏による買収提案に、正式に合意したことを発表した。

今回の契約が完了した後、ツイッター社は株式を非公開化して上場を廃止する。マスク氏は、新しい機能を追加することでプロダクトを強化し、ツイッターをより良いSNSにしたいと説明。また、アルゴリズムをオープンソース化して信頼性を高めたり、スパムのボット対策を行なったりしていくとした。

ツイッターに対する不満をツイートしたり、新しい機能の導入等について独自にアンケートを実施したりしていたマスク氏と、ツイッター社との関係が本格したのは今月。その時点で米証券取引委員会(SEC)の書類から、マスク氏がツイッター社の7,348万6,938株を取得し、9.2%の株を所有する筆頭株主になったことが明らかになっていた。

関連テスラ社のイーロン・マスクCEO、ツイッター社の筆頭株主に

その後マスク氏は、全株式を購入するとして、ツイッター社に買収を提案。一方でツイッター社は性急な買収を抑止するために、期間限定の株主権利プラン(ポイズンピル)を打ち出すことを発表し、買収提案に反対する姿勢を見せていたというのがこれまでのおおまかな経緯である。

ポイズンピルとは

米国における買収防衛策の一つ。既存株主にあらかじめ「買収者のみが行使できない」オプションを付与しておき、敵対的買収が起こった際に、買収者以外の株主がオプションを行使することにより買収者の持株比率を低下させたりすることで、買収を困難にすることを目的とする。(参考:野村證券

▶️仮想通貨用語集

関連ツイッター社の買収防衛策、「ポイズンピル」を発動

今回の発表でツイッター社の取締役会のブレット・テイラー会長は、以下のようにコメントした。

 

ツイッター社の取締役会は、マスク氏の提案に対し、注意深く包括的に評価を実施した。

 

今回の提案は、株価に十分なプレミアムが上乗せされており、当社の株主にとっても最善の選択になると信じている。

マスク氏は、自身がツイッター社の株式を約9%所有していることを明かしたとされる前日の4月1日の終値より、38%のプレミアムを上乗せして株式を買い取ると提案。1株につき約6,900円(54.2ドル)で買うとしており、買収はおよそ5.6兆円(約440億ドル)規模になる。

今回の発表で、マスク氏は以下のように述べた。

 

言論の自由は、民主主義の基盤である。ツイッターは、人類の未来にとって不可欠な事柄を議論できる、デジタル上の広場だ。

 

ツイッターは非常に大きな可能性を秘めており、これからツイッター社やユーザーのコミュニティと協力して、運営に携われることを楽しみにしている。

マスク氏はこれまでビットコイン(BTC)やドージコイン(DOGE)に関するツイートを投稿したりして、暗号資産(仮想通貨)領域でも大きな注目を集めてきた。以前にはツイッターの有料版サービス「ツイッターブルー」の支払い手段としてドージコインを認めるべきと投稿したこともある。

関連物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

今回の買収は、ツイッター社の取締役会で満場一致で認められたという。2022年内には取引が完了する予定で、これからツイッター社の株主の合意や規制当局の認可を得たり、慣習的な買収完了条件を満たしたりする必要がある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します