CoinPostで今最も読まれています

ポリゴンやファントム、LUNAエコシステム争奪戦に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Polygon、Junoの誘致活動

暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)の暴落を受けて、テラ・エコシステム上のdApps(分散型アプリ)の誘致合戦が繰り広げられている。ポリゴン(MATIC)やファントム(FTM)といった外部のブロックチェーンプロジェクトが積極的に移行支援に乗り出している。

5月7日以後のアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」のドル・ペグ(固定)崩壊をきっかけに、裏付け資産となるテラ(LUNA)の価値が99.99%下落。これにより、Terraチェーンはセキュリティーを確保するために2度の停止に追い込まれ、ネットワーク上の資産の預入総量を表すTVLは以前の4兆円規模から400億円規模に縮小した。

こうした状況下で、複数のブロックチェーンプロジェクトがTerraチェーン上のNFT(非代替性トークン)およびDeFi(分散型金融)関連プロジェクトを誘致しようとしている。ゲームとNFTに特化したPolygon StudiosのRyan Wyatt CEOはツイッター上で、Terra開発者の移行支援策について近日中に公開することを明かした。

我々は様々なTerraプロジェクトと密接に連携しており、彼らが迅速に次のプロジェクトに移行できるよう支援している。開発者とそれぞれのコミュニティをPolygonプラットフォームに歓迎するために、移行支援に資本とリソースを投下する予定だ。

スマートコントラクトネットワークJuno Networkのコミュニティフォーラムでは、Terra上のプロジェクト専用のトークンファンドが提案されている。アプリケーションの移行を希望するTerraプロジェクトに対して、100万JUNOトークン(約9億円)のインセンティブを用意するプランが持ち上がっている。

スマートコントラクトネットワークのJunoは、Terraチェーンと同じCosmosSDK(ブロックチェーン開発キット)で構築されているため、既存のインフラを速やかに再稼働できる。Junoの提案では、複数のTerraプロジェクトがJuno Networkへの移行に関心を示していると記されている。

Fantomブロックチェーンもまた、公式ツイッター上で、新たなチェーンを模索しているTerra上のプロジェクトに対し、助成金やマーケティング、エコシステムとのコネクションを提供することをアピールしている。

この他にも、Cosmosの通信規格「IBC」に対応するNFT用のレイヤー1ブロックチェーン「Stargaze」や、レイヤー2アプリケーションとしてCosmosブロックチェーン上に構築されている「Injective Protocol」もTerraベースのプロジェクト向けに誘致体制を強化している。

関連:初心者でもわかるコスモス(ATOM)とは|注目点と将来性を解説

テラ・エコシステム上のdApps

一方、Terraの開発を手動するTerraformLabs社のDo Kwon共同創設者は、エコシステムの優れた人材とリソースを引き留めようと「リバイバルプラン(復興)プラン」を提案している。Terraチェーンの再構築に向けたインセンティブを設けるために新たに10億トークンを発行し、以前からのコミュニティメンバーや開発者に手厚く配分するという方向性で議論が進行している。

特に、Web3(ウェブスリー)エコシステムを成立する上で不可欠なdAppsをリストアップしている(以下)。リバイバルプラン2は、これらのプロジェクトに対して新たなTerraチェーン上でのローンチを約束することを条件に、好待遇を持ち掛ける内容となっている。

  • インフラ – Setten
  • 分散型取引所 – Astroport, Loop, Terraswap
  • エクスプローラ – Finder, terrascope
  • 決済/法定通貨 – Kado, Alice
  • ウォレット – Station, Leap, Falcon
  • レンディング – Mars, Edge
  • 分析- Coinhall, Flipside
  • ステーキングデリバティブ – Stader, Lido, STEAK, PRISM
  • ローンチパッド – StarTerra
  • ブリッジ – Axelar, Wormhole
  • ステーブルコイン – USDT / USDC(Wormhole経由)
  • NFT取引所 – Randomearth、Knowhere、Oneplanet、Luart、Talis
  • 保険 – Risk Harbor
  • DeFi戦略 – Nexus、Apollo、Aperture
  • ゲーム – UNOPND等

関連:「アルゴリズム型ステーブルコインなしでフォークする」 LUNAの復興プラン2が投票へ

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア