ビットコインなど仮想通貨市場への機関投資家の資金流入が加速|半期で約710億円に膨らむ

機関投資家の参入が本格化
仮想通貨市場の低迷にも関わらず、ベンチャーキャピタル(VC)企業やヘッジファンドなど、機関投資家から仮想通貨市場への資金流入は、2018年初頭から6月15日時点にかけて約710億円(2017年は約550億円)に膨らむなど、大幅な増加傾向にある。
機関投資家とは
莫大な資金力を持ち、個人投資家らの拠出した巨額の資金を有価証券(株式・債券)等で運用する法人のこと。 保険会社、投資信託、信託銀行、投資顧問会社、年金基金などがあり、”クジラ”と呼ばれることもある。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

機関投資家の参入

先日6月24日および、29日にビットコインは6,000ドル(約66万円)を割り込み、2017年11月の水準にまで下落しました。

2017年中に、ビットコインは1,100%ほど上昇したものの、今年に入ってから約半年をかけて57%の下落を記録していることから、現時点で、仮想通貨価格が低迷していることは否めません。

しかし、各国の大手取引所がハッキングを受けた現状に直面している昨今。各国の公式機関を始め、G20会議などでも、仮想通貨およびブロックチェーン技術の将来性を認め、適切な整備が行われ始めていることから、機関投資家が参入しやすい環境へと着実に前進していると言えるでしょう。

実際、2017年に組織された仮想通貨およびブロックチェーン産業調査企業であるCrypto Fund Researchによると、2018年6月15日時点でヘッジファンドやベンチャーキャピタルなどの機関投資家による仮想通貨市場への投資は、216プロジェクトの約6.4億ドル(約710億円)にのぼり、2017年総計の236プロジェクトの約5億ドル(約550億円)を早くも上回っています。

アメリカのモバイル決済および、仮想通貨取引業を提供し、ゴールドマンサックスからの出資を受けているCircle社も、5月にビットコイン価格が約20%下落している中、新規機関投資家顧客が30%増加したこと、そして、昨年の同日よりも日間取引量が約15倍に増加していることを報告しました。

Circle社の創業者でありCEOを務めるJeremy Allaire氏は、CNBCに対し「機関投資市場における多数のプレイヤーが参入してきており、着々と準備を整えている。」と語りました。

さらに6月25日には、シリコンバレーのベンチャーキャピタルAndreessen Horowitz社が、仮想通貨分野に特化した330億円規模のファンドを設立することを発表しています。

同社のCEOを務めるChris Dixon氏は、(VR、AR、ドローンなどの)次世代コンピュータデバイス、AI(人工知能)、そして仮想通貨が、次なるメガトレンドになることを示唆、今後の積極的な投資を見込んでいます。

今後の資金流入

さらに、過去にビットコイン上場投資信託(ETF)の申請が、幾度となく行われてきましたが、価値評価、流動性、価格操作リスクなどの懸念から、アメリカ証券取引委員会(SEC)がそれを承認することはありませんでした。

しかし、6月28日にSECは、低リスクのETFの承認をより簡略化することに満場一致で同意したと発表しました。

この結果が直接的に、ビットコインETFの上場に繋がるわけではありませんが、SECが6月末に、民間の仮想通貨専門家や投資家に意見を求めていることから、仮想通貨市場も視野に入れた変更であったのではないかと噂されています。

もし、今後SECに認可されたビットコインETFが台頭してくれば、ビットコインへの信頼性が増し、機関投資家のさらなる資金流入が見込めると期待されています。

このように、仮想通貨市場の整備が進んできていることで、様々な機関投資家が参入してきており、今後も大口資金の流入が見込める可能性があることは、ポジティブなニュースであると言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場と3頭の「クジラ」|巨大金融機関参入の機運高まる
先日、世界3大投資家のジョージ・ソロス氏や、世界的財閥であるロックフェラーやロスチャイルドが仮想通貨市場に参入する可能性が報道されました。彼らの経歴と、世界的投資家や財閥が仮想通貨業界に参入する可能性について考察します。
世界最大手取引所Coinbase:4つの機関投資家向け新製品を発表|機関投資家流入の影響は?
機関投資家からの要望や、彼らが仮想通貨投資を躊躇する理由を受け止め、Coinbaseが機関投資家向けに4つの新サービスを発表しました。機関投資家の流入が増えることで、ビットコインおよび仮想通貨市場規模は更に拡大する可能性があります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加