テラ開発企業Terraform Labs、法務チームが総辞職 復興プランの支持率は8割超え

法務チームが辞職

暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)の開発を主導するTerraform Labs社について、法務チームの幹部3名が5月に辞職したことが明らかになった。関係筋の情報としてCoinPost提携メディアThe Blockが報じた。

同社の関係者は「この1週間はTerraform Labsにとって困難なもので、ここ数日で少数のチームメンバーが辞職した」と認めた。

ビジネス特化型SNSのLinkedInによれば、Terraform Labsを辞職したのは、最高顧問弁護士を務めていたMarc Goldich氏、及び主任弁護士Lawrence Florio氏、主任訴訟・規制弁護士Noah Axler氏の3名。いずれも、入社から1年未満での離職となった。

現在、Terraform Labsは法務部の機能を外部企業にアウトソースしていると説明。同社関係者は、以下のように述べている。

チームメンバーの大半はプロジェクトの遂行に揺るぎなくコミットしている。テラはUSTを超える存在であり、非常に情熱的なコミュニティと、再生に向けて明確なビジョンを持っている。

我々は今、Terraエコシステムの復興プランの実行に注力している。

関連:韓国与党議員、テラ開発のDo Kwon氏らを招いた公聴会開催を要請

UST急落

5月7日以後、アルゴリズム型ステーブルコイン「テラUSD(UST)」のドル・ペグ(固定)崩壊をきっかけに、裏付け資産となるテラ(LUNA)の価値が99.99%下落。これにより、テラチェーンは2度の停止を余儀なくされ、ネットワーク上の資産の預入総量を表すTVLは以前の4兆円規模から400億円規模にまで縮小した。

2018年に設立されたTerraform Labsは現在シンガポールで登記されているが、共同創設者であるDo Kwon氏とDanielShin氏は韓国籍。18日には韓国の法律事務所から財産差し押さえ要請を求めて提訴されるなど、様々な波紋を読んでいる。

特に、Do Kwon氏は韓国与党議員から公聴会の招集要請が出ている他、夫人が韓国の自宅で何者かの不法侵入に脅かされ、警察に緊急保護を要請する事態も発生していた。

関連: テラUSD(UST)のディペッグ騒動 Terraform Labs社や取引所の対応まとめ

テラの復興プラン

渦中のDo Kwon氏は今週17日にTerraチェーンの「リバイバルプラン(復興)プラン2」を提案。既存のテラネットワークを「Terra Classic」、その仮想通貨を「LUNA Classic(LUNC)」に変更し、エコシステムの優れた人材とリソースは新生テラブロックチェーンおよび仮想通貨ルナ(LUNA)に移行するべきだと提言した。

出典:Terra Station

Do Kwon氏は、復興プラン2がTerraの主要なプロトコルから支持を得ていると強調。18日に開始されたコミュニティ投票は執筆時点では約87%の賛成票を集めており、残り6日間の期日をよそに、定足数に迫っている。

関連:LUNAの復興プラン2が投票へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します