コインチェックNFT、ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱い開始

Art Blocks取扱開始

コインチェック株式会社の提供するNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」は19日、ジェネラティブアートNFT「Art Blocks」の取り扱い開始を発表した。

ジェネラティブアートとは、アルゴリズムや数学的手法などから生まれる偶然性を取り入れ作られるアート作品のNFT。特にCryptoPunksやBored Ape Yacht Club(BAYC)のコレクションは世界的人気を博し、高額取引されることも珍しくない。

「Art Blocks」は、ジェネレ-ティブアートに焦点をあて、アートとブロックチェーンの技術が組み合わさったNFTでしか生まれ得ない革新的な作品を発行・販売しているNFTプラットフォーム。

作品を購入すると、指定されたアルゴリズムに従ってランダムにデザインや、色、背景が設定され、偶然性が生み出したオリジナルの作品が完成するという。

コインチェックは、今回の「Art Blocks」の取扱いを皮切りに、新たなアート作品として注目が高まるさまざまなジェネラティブアートNFTの取扱いを予定するほか、アートにとどまらず、ゲームやスポーツ、ファッションなど幅広い分野の取扱いを拡大する意向を示した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します