CoinPostで今最も読まれています

史上初のビットコイン8週連続陰線、「仮想通貨の冬」への悲観予想相次ぐ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

週明け23日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比+1.76%の383万円(30,050ドル)で推移する。

BTC/USD日足

反発したものの、上値の重さも垣間見える。

センチメントの大幅悪化は、主に米国株のNYダウが8週連続下落したことに起因するもので、この連続下落は1932年に発生した「世界大恐慌」以来90年ぶりの水準になるという。

過去相場から憶測するワーストシナリオ

海外の著名アナリストRager(@Rager)氏は、ビットコインについて、「下落トレンドの終焉(相場の底入れ)には、まだまだ時間がかかる可能性がある」と、慎重な見立てを示した。

過去の相場サイクルを踏襲するとすれば、さらに6〜8ヶ月要するとした。時間軸としては2022年12月〜2023年2月が一つの目処となる。高水準のインフレ(物価上昇)を抑え込むため、FRB(米連邦準備制度)による金融引き締め加速で株式市場が下げ切るには、同様に半年〜1年ほどの期間が必要との見方もある。

Rager氏が注目するのは、過去のベア相場でいずれも大底となった「200週間移動平均(MA)」と、ここ数ヶ月間で過去最も高い連動性を記録している「株式市場とのデカップリング(相関係数の減少)」だ。

「株式連動が外れない限り、ビットコイン上値余地のアップサイドは限定される。」「(過去相場のようなバブル崩壊時の最悪ケースでは)最高値から-84%のプルバック(引き戻し)がある。今回の場合、1BTC=11,000ドル付近まで想定して立ち回る必要がある。」としている。

関連:ビットコインと米株市場の30日相関、コロナショック時上回り過去最高の0.9に

米ギャラクシー・デジタルのMike Novogratz CEOは最近、市場センチメントの急激な回復を望まないよう警鐘を鳴らし、「株式や暗号資産が底を打つには時間がかかる可能性がある」主張。主要アルトは、さらに70%下落する可能性もあると悲観的な見通しを示した。

市場環境や市場規模、プロダクトの成熟度こそ現在とは雲泥の差があるものの、3年前の仮想通貨バブル崩壊時(2017〜2018年)には、メジャーアルトは軒並み最高値から-90〜95%の下落率を記録している。

Delta BlockchainFundの創設者であるKavita Gupta氏も同様の見解だ。「暗号資産の冬(Crypto Winter)は再来し始めたばかり。下落相場はこの先1年半以上続く可能性がある。その場合、ビットコイン価格は14,000ドルまで落ちるだろう。」と弱気予想を示した。

一方、フィンテック企業PolySignのJack McDonald CEOは、米大手メディアCNBCに対し、「仮想通貨は、今後数ヶ月間で力強い回復を期待できる」と、現市況では少数派ながら強気予想を示している。

株などのリスク資産と高連動する連日の下落で、金のようなオルタナティブ(代替)資産としての役目を喪失しているとの指摘もある中、今後金融当局によるマーケットコントロールが限界を迎え、万策尽きても世界的なインフレ高止まりが解消されないようであれば、いよいよ米ドルなど「法定通貨」のリスクヘッジを求める機運が高まる可能性はある。

いずれにせよ、ビットコインは発行上限2100万枚から増えることはなく、4年サイクルの半減期を経て相対的な希少価値は上がり続ける。暗号資産(仮想通貨)市場への大企業の参入やベンチャーキャピタル及び投資ファンドの資金流入は現在でも後を絶たず、将来性に対する相応の期待感はこの先も継続するものと思われる。

ビットコイン・ピザ・デー

暗号資産(仮想通貨)市場は22日、記念すべき『ビットコイン・ピザ・デー』を迎えた。

関連:「ビットコイン・ピザ・デー」12周年、史上初の仮想通貨決済を振り返る

Bitcoin Pizza Indexによれば、12年前に10,000BTCと交換した2枚のピザの価値は、2022年現在の相場レートで換算すると「約350億円(2.9億ドル)」まで高騰している。

出典:Bitcoin Pizza Index

米マイクロストラテジーのマイケル・セイラーCEOは、「2009年1月3日に誕生したビットコインは、2010年5月22日にピザと交換されるまでの504日間、事実上経済的利益(経済活動)は何ら生じていなかった。」と言及。暗号資産(仮想通貨)が初めて決済利用された歴史的な一歩だとして、業界の著名人らはこぞって感慨深い様子を見せた。

関連:ビットコインハッシュレートに頭打ち感、需給悪化の指摘も|bitbankアナリスト寄稿

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア