バイナンス、中東バーレーンで事業ライセンスを拡大

バーレーンで仮想通貨取引全般を提供へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは26日、中東バーレーンの中央銀行から暗号資産サービスプロバイダー(CASP)としてより幅広いライセンスを取得したことを発表した。

バイナンスのバーレーン部門は12月に予備ライセンス、3月に本ライセンスを得ていたところ。今回「カテゴリー4」のライセンスを取得したことにより、仮想通貨取引サービス全般を提供できるようになった。バーレーン規制当局の監督下で事業を運営していく。

公式発表によると、バーレーン中央銀行から仮想通貨取引所がライセンスを認可されたのは、これが初の事例になるという。バーレーン中央銀行は、中銀としての役割の他、仮想通貨サービス企業に規制枠組みを提供する機能も有している。

バイナンスのMENA(中東・北アフリカ地域)責任者、リチャード・テン氏は次のように述べている。

バーレーンにおけるカテゴリー4ライセンスへのアップグレードは、バイナンスにとって画期的な成果であり、コンプライアンスを最優先する取引所であるという私達の約束をさらに示すものだ。

中東での事業拡大

バイナンスは、中東での事業展開に力を入れているところだ。バーレーンに加えて、アラブ首長国連邦ドバイでの取引サービスを、早ければ6月に立ち上げるとしている。

また、中東地域の需要から、取引サービス以外の領域へも取り組む予定だとしており、決済やNFT(非代替性トークン)領域の開発支援を挙げた。

関連バイナンス中東、6月にもローンチか=報道

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

4月には、アラブ首長国連邦の首都アブダビでもデジタル資産の仲介業者として、原則的な承認を得たところだ。

現地の国際金融センター、アブダビ・グローバル・マーケット(ADGM)の金融サービス規制当局への申請が完了次第、子会社のBinance(AD) Limitedを通じて、MENA地域全体の顧客にサービスを提供可能となる。

関連仮想通貨取引所バイナンス、UAE首都アブダビでもライセンス取得

拡大する中東の仮想通貨市場

ブロックチェーン分析企業チェイナリシスが21年10月に発行したレポートによると、中東地域は2020年7月から2021年6月の間に、約34兆円(2,717億ドル)相当の仮想通貨送金を受け取っており、世界の活動の約7%を占めていた。

この額は、世界の他地域と比較すると低いものの、前年比で約1,500%もの成長を記録しており、最も急速に成長している仮想通貨市場の1つとなっている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します