テラ、13億USTをバーン 復興プランの一部

TerraUSD(USTC)を一部バーン

旧テラ・コミュニティのガバナンス投票により、13億TerraUSD(USTC)をバーン(焼却)することが決定した。

CoinGeckoによると、13億枚はUSTCの発行量全体(112億枚)の約11%に相当する。この提案は27日未明、総投票数の99.3%の賛成を得て可決した。

27日のフォークにより、新たにテラ2.0が作成され、新生LUNAトークンがステークホルダーにエアドロップされている。これにより、以前のLUNAトークンはLUNC(ルナクラシック)トークンに、無担保型ステーブルコインであるTerraUSD(UST)は「USTC」へそれぞれ名称が変更された。なお、テラ2.0のエコシステムにUSTは存在しない。

USTCをバーンする投票自体は、旧テラ(現LUNC)のガバナンスシステム上で5月20日頃に開始された。その内容は、コミュニティプールに保有されているものと、イーサリアム上での流動性提供のインセンティブ用に配分されたすべてのTerraUSD(現USTC)をバーンするというもの。

今後、コミュニティ・プールから10億USTCがバーンアドレスに送られる。また、イーサリアム上の3億7100万USTCは、Terraチェーンの開発を主導していたTerraformLabs社によってTerraチェーンにブリッジされた後、バーンアドレスに送られる計画。

新しいチェーン「テラ2.0」にエコシステムを移行するという「テラ復興プラン2」は26日に可決。27日のスナップショット作成時のLUNC・USTホルダーにもテラ2.0のLUNAトークンが配布されるため、仮想通貨取引所が順次対応している状況だ。

USTはTerraプロトコル上で発行される米ドル価値にペッグ(連動)したステーブルコイン。5月初旬に時価総額が約2兆円(187億ドル)に到達し、ステーブルコイン市場で4位の規模となっていた。

USTCは、テラ(LUNC)の「Burn&Mint(焼却と発行)メカニズム」によりUSTの価格変動性を吸収するように設計されていた。しかし、5月7日のペグ崩壊(ディペッグ)をきっかけに取り付け騒ぎを誘発して機能が崩壊。執筆時点にUSTの価値は0.05ドル程となっている。

関連:テラ2.0が27日実装へ LUNA保有者向けにエアドロップも実施

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します