バイナンス投資部門の元幹部、130億円規模の投資ファンドを設立

メタバースとWeb3

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの元幹部らが、運用資産約130億円(1億ドル)のブロックチェーン関連投資ファンドを設立したことがわかった。

Old Fashion Research(OFR)社は、以前にBinanceでM&A部門のヴァイスプレジデントを務めたLing Zhang氏と、企業開発部長を務めたWayne Fu氏により、21年7月に設立された。インドの仮想通貨取引所WazirXの買収や、FTX、Multicoin Capitalへの投資など、バイナンスのポートフォリオ構築で培った経験と専門知識がOFRの強み。

さらに、OFRのベンチャー部門には、Binance LabsやローンチパッドでAxie Infinity、Moonbeam、Alpha Financeなどの主要投資案件を主導したJiang Xin氏が、パートナーとして参画している。

同ファンドはこれまで水面下で活動してきたが、すでに50以上のブロックチェーンプロジェクトに出資してきたという。主にメタバース(仮想空間)や、中南米の新興市場における仮想通貨の採用拡大を重視しており、ポートフォリオにはGenopets(Move to Earn系NFTゲーム)やアフリカ最大のゲームコミュニティMetaverse Magnaが含まれる。Zhang氏は以下のように述べている。

Web3は人々のアイデンティティと資産管理に革命をもたらす最初のステップだ。ユーザーアクティビティだけでなく、資産の観点からもメタバースを強く信じている。

Web3.0 とは

Web3.0は、現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdApps へのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

関連:米大手VC「a16z」仮想通貨レポート、Web3の可能性を高く評価

リーズナブルに投資する機会

1億ドルの資金は、仮想通貨市場内外のLP(リミテッド・パートナーシップ)、伝統的なベンチャーキャピタル、ファミリーオフィス、エンジェル投資家から調達。投資ラウンドは、ブロックチェーンゲームプラットフォームWEMIXが主導したという。

仮想通貨市場は22年に弱気相場を経験しているが、OFRはこれをチャンスと捉えているようだ。市場の低迷期には、「より安く、リーズナブルな評価額で投資できるため、将来的なリターンを期待できる」と同社幹部は主張している。こうした考え方は多くのベンチャーキャピタルが共有しており、仮想通貨プロジェクトへの資金流入が途絶える兆候はないようだ。

米大手ベンチャーキャピタルa16z(Andreessen Horowitz)は25日、新たな仮想通貨ファンド「Crypto Fund 4」で約5,700億円(45億ドル)を調達したことを発表した。a16zは同18日、766億円(6億ドル)に相当する大型Web3ゲームファンド「GAMES FUND ONE」の設立を発表したばかりだ。

関連:a16zの第4仮想通貨ファンド、5,700億円を調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します