仮想通貨相場反発、下落の続いたイーサリアムが一時2000ドル台回復

仮想通貨市況

31日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインが前日比+5.4%の404万円(31,593ドル)と反発した。

BTC/USD日足

インフレ抑制のための金融引き締め局面において、マクロ経済の不確実性が高まる中、株式や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産で売り優勢となっていたが、一旦下げ止まった格好だ。

関連:過去最長のビットコイン9週連続下落も、仮想通貨相場に反転の兆し

時価総額2位の暗号資産であるイーサリアム(ETH)は前日比+6.82%と反騰。一時2,000ドル台を回復した。

ETH/USD日足

DeFi(分散型金融)市場からの資金流出とETH価格の低迷に伴い、イーサリアムブロックチェーンのトランザクション手数料(ガス代)が年初の1/10水準まで下落した。また、Glassnode Alerts(@glassnodealerts)のデータによれば、イーサリアム(ETH)の週平均取引量は過去18ヶ月で最も低い42,957まで減少していた。

好材料もある。イーサリアムのテストネット「Ropsten」にて、大型アップグレードThe Merge(ザ・マージ)が正常に起動したことが報告された。

関連:待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

コア開発者らが巨大なマイルストーンに置く、オリジナルのビーコンチェーンとの統合は6月8日に実現する予定がある。

The Mergeは、イーサリアムチェーンのコンセンサス(合意形成)アルゴリズムを従来の「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」から「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」へ移行する大型アップグレード。

関連:イーサリアム、Ropstenテストネットで「The Merge」実行へ

Kaiko市況レポート

大手デジタル資産データプロバイダであるKaiko(カイコ)がレポートを掲載、市場について分析を行った。

米株指数との相関係数は依然高い水準にあるものの、0.7まで減少した。

相関

これは過去1ヶ月では最も低い値となる。

テラ(LUNA)・UST崩壊後の相場のクラッシュが発生した5月12日、コインベースで210万件を超える記録的なビットコイン(BTC)取引数が観測された。

一方、取引量ではFTXが急進。平均取引量2,000ドル(約26万円)は、コインベースの2倍近くに達する。

バイナンスBTC/USDT通貨ペアとの乖離を示す「コインベース・プレミアム」の剥離も注目される。6ヶ月の間プラスを推移していたコインベース・プレミアは5月でマイナスに転じた。

コインベース・プレミアム

この点についてカイコは、ユーザー属性の違いを理由に挙げる。バイナンスは小口投資家(リテール)メインに対し、コインベースでは機関投資家の取引量は実に76%以上を占める。

そのため、機関投資家の市場心理が悪化したことを示唆するという。

5月には、FTXのBTC/USDの出来高が初めて米最大手取引所コインベースを上回った。FTXの市場シェアは、過去18ヶ月で5%から44%まで上昇している。

主要取引所の取引シェア

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します