仮想通貨イーサリアム、Ropstenテストネットで「The Merge」実行へ

イーサリアムはテストの最終段階へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)は6月8日、パブリックテストネット「Ropsten」で「The Merge」を実行することが明らかになった。

イーサリアムのコア開発者の一人であるPreston Van Loon氏は6月8日にRopstenでThe Mergeを行う計画を報告。このテストは、「メインネットのThe Merge実行に向け、非常に大きな一歩になる」とコメントした。

The Mergeは、イーサリアム・ブロックチェーンのコンセンサス(合意形成)アルゴリズムを従来の「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」から「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」へ移行する大型アップグレード。今後行う3つのパブリックテストネットが全て順調に稼働した場合、早ければ8月にもイーサリアム・メインネットでThe Mergeを実装できる可能性があるとの見方もある。

PoSとは

保有(=ステーク)する仮想通貨の割合に応じて、ブロックを新たに承認・生成する権利が得られるコンセンサスアルゴリズムのこと。取引の承認に大量の電力消費を伴うプルーフ・オブ・ワーク(PoW)に比べ、環境への影響が少ないなどの特徴を持つ。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|PoWとの違いとメリットを解説

The Mergeの検証について、イーサリアムの情報やリソースを提供するEthHubの共同創設者であるAnthony Sassano氏は、CoinPostの提携メディアThe Blockに対し、以下のように説明している。

パブリックテストネットでのThe Mergeの実行は、テストの最終段階である。これから3つのパブリックテストネットで実験を行う予定だ。

全て順調に進めば、そのままメインネットでの実行へ移行したい。

また、Sassano氏は、個人的な推測だと強調した上で、早ければ8月にもメインネットでThe Mergeを実行できる可能性があるとした。

なお、メインネットでの実装に関する最新のスケジュールはまだ正式に発表されていない。公式ウェブサイトによれば、2022年3Q(7〜9月)から4Q(10〜12月)を予定している。

関連イーサリアム、PoS移行は2022年後半か

イーサリアムのステーキング需要

現時点ではメインネットでThe Mergeは実行されていないものの、イーサリアムではステーキングはできるようになっている。5月の第2週にはステーキング数量が1,213万ETH(3兆円相当)に達し、前週比で15万ETHの増加となった。

関連ビットコイン7週連続陰線は2014年以来、オンチェーンアナリストが探る相場の底は

また、関連サービスも考案されており、一例として分散型ステーキングサービスLido Financeは、新機能の実装を計画。17日にThe Merge対応版の「プロトコル・サービス・パック」の実装に関する提案が、スナップショット投票を通過した。

サービス・パックの主要な変更点は、The Merge後に「追加報酬の収集・再分配機能」が付加されること。具体的には、バリデーターがブロック生成で獲得するブロック報酬とガス代以外の収益をstETHステーカーに分配する。さらに、報酬を即時ステーキングするという複利システムを導入していくという。

関連イーサリアムのステーキング需要に対処、Lidoが新機能実装へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します