バイナンスラボ、新ファンドで650億円調達

新規資金調達

バイナンスのVC部門「バイナンスラボ」は1日、新たなファンドで650億円(5億ドル)を調達したことを発表した。

新ファンドには、DST Global PartnersやBreyer Capital、およびプライベートエクイティファンドやファミリーオフィスなどが参加している。

このファンドは仮想通貨のユースケースやWeb3技術の普及を促すプロジェクトに投資するものだ。

バイナンスCEOのCZ氏は発表で「Web3環境では、価値観、人、経済のつながりが不可欠であり、この3つの要素が集まってエコシステムを構築すれば、ブロックチェーン技術や暗号資産の大規模な導入が加速されることにある」、「今回クローズした投資ファンドの目的は、DeFi、NFT、ゲーム、メタバース、ソーシャルなどにまたがるWeb3を構築し、リードする可能性を持つプロジェクトや起業家を発掘し、支援することだ」と述べている。

バイナンスラボ(Binance Labs )は2018年にローンチされたバイナンスのベンチャーズキャピタル・インキュベーション部門で、これまでAxie Infinity、ポリゴン(MATIC)、Optimism(OP)、ザ・サンドボックス(SAND)、STEPN(GMT)を含む100以上のプロジェクトに投資してきた。

関連STEPNの「GMT(Green Metaverse Token)」とは|主な特徴と注目ポイントを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します