米Chipotle、仮想通貨決済に対応

多くの銘柄に対応

米国の大手メキシコ料理レストランチェーンChipotle(チポトレ・メキシカン・グリル)は1日、仮想通貨決済に対応開始したことを発表した。

ChipotleはFlexaという仮想通貨決済システムを導入。顧客は米国の約3,000店舗でビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ソラナ(ETH)、エイダ(ADA)、USDCやDaiを含む95以上の銘柄を使って支払える。

Flexaを利用するには、取引所GeminiかSPEDNウォレットアプリをスマホにインストールする必要がある。また、Flexaで支払うと、次回の消費時に利用可能な10%の割引券が付与されるという。

米国では一部の飲食チェーン店が仮想通貨決済に対応中。スターバックスやSubwayがその一例だ。

関連米スターバックス、22年後半に初のNFTコレクションをリリース

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します