ビットコイン再び転落、仮想通貨相場の冷え込み目立つ

仮想通貨市況

1日の米NY株式市場では、ダウが前日比176.89ドル(0.54%)安、ナスダックが前日比86.9ドル(0.72%)安と下落した。

大手金融機関で作るクレジット・デリバティブ決定委員会は、ロシア国債が支払い不履行に陥ったことを発表した。市場から事実上のデフォルト(債務不履行)とみなされる可能性が高いとされる。ロシアでは、ウクライナ情勢を巡る欧米諸国による経済制裁の影響で、米ドル建ての債務利払い懸念が強まっていた。

また、金融引き締めの加速懸念が強まったことを受けた米長期金利や原油先物価格の上昇のほか、ドル指標も再上昇(下図)に転じ、相場反転の兆候をかき消したことが背景にある。

DXY/USD週足

2日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比-5.1%の388万円(29,771ドル)と大幅下落した。

BTC/USD日足

イーサリアム(ETH)も、直近安値からの5日間の上昇分をほぼ全戻しと厳しい展開に。

暗号資産(仮想通貨)先物市場では、ビットコインがすべてのOI(未決済建玉)の内63%を占めるまで増加した。今年4月時点では約50%であったが、市況悪化に伴いアルトコイン市場から投機資金が断続的に流出し、相対的に値下がりしにくいBTCに資金が集中したものとみられる。

出典:Arcane Research

市場占有率を示すビットコイン・ドミナンスは、1ヶ月で5%ほど上昇した。

BTC.D 週足

これは、過去繰り返されてきた仮想通貨相場のトレンド・サイクルであり、逆に言えばBTCドミナンスの急低下が見られた場合、強気トレンドにおける”アルトシーズン”の兆候を示す。

騰落率ベースでは、ビットコインの前月比-18%に対し、低時価総額アルト銘柄群のベンチマークである「スモールキャップ・インデックス」が前月比-33%の損失を記録するなど資金抜けが激しい。2018年の仮想通貨バブル崩壊時も同様の傾向が観測されている。

アルトコイン市場

時価総額9位のアルトコインであるソラナ(SOL)ブロックチェーンが、日本時間2日未明に5時間弱停止する事態に陥った。機能バグに起因するものだと特定された。

関連:ソラナ、機能バグにより4時間強のネットワーク障害

安価かつ高速で最大50,000TPSの処理速度を誇り、その使い勝手の良さから飛躍的な成長を遂げたソラナチェーン及びエコシステムであるが、2021年12月以降は度重なるインシデントが発生して低迷気味だ。

昨今ではネットワークエラーやトランザクション詰まりの影響により最大手取引所のバイナンスでSOLの送金停止が頻発。「安定性に欠ける」との指摘もある。

SOL価格は前日比-12.2%と大幅下落し、BTCの-6.0%、ETHの-5.5%、BNBの-5.6%と比較しても値下がりが顕著に。ピーク時の21年11月には1SOL=29,500円を記録したが、現在は1/6程度の1SOL=5,200円まで下落した。

ソラナの開発を手掛けるソラナラボは、トランザクション詰まりを引き起こした悪質なNFT minting botの影響を排除し、問題を緩和するためのアップグレード予定を発表しており、状況の改善が期待される。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します