ディープコイン(DEP)、ビットポイントでの日本円換金に対応  日本初P2Eが開始

日本円でのPlay to Earnが可能に

ブロックチェーン活用によるGameFiプラットフォームを運営するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.(以下DEA)は8日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所BITPOINTで、同社が発行する暗号資産「ディープコイン(DEP)」が日本円への換金に対応したことを明らかにした。

関連:国内初、暗号資産取引所BITPointに上場したディープコイン(DEP)とは

関連:ビットポイント、国内初のディープコイン(DEP)取扱開始

BITPOINTへのDEP入金機能は、8日(水)11:00に導入された。

DEAのGameFiプラットフォーム「PlayMining」上のゲームで獲得したディープコインは、BITPOINTへの入金ですぐに日本円に換金することができるため、ユーザーにとっては念願の機能が実現した。

ゲームで収益を得るP2E(Play to Earn:ゲームプレイで稼ぐ)モデルが日本で初めて実装された形となる。

関連:「金融庁認可を受けたP2Eトークン」DeapCoinとは CONNECTV・動画解説

P2Eとは

P2E(Play to Earn)は、ゲームプレイを通じて収入を得るという新しい働き方を提示する。

DEAでは「スカラーシップ制度」と呼ばれる仕組みを利用することで、P2Eによる雇用の創出や貧困解決などにも繋がることも期待されている。

これまでもP2Eで暗号資産を法定通貨に換金することは海外取引所で可能だったものの、海外取引所から国内取引所に資産を移動する煩雑さや、外貨から日本円に換金するタイミングで為替の影響も出ることから、P2Eを活用できていたのは一部投資家や海外ユーザーが大半だった。

P2Eとは

P2Eとは「Play-to-Earn」の略。ゲームをプレイすることで仮想通貨を稼ぐことが可能な仕組みとなっている。

仮想通貨用語集

関連:ブロックチェーンゲームの稼ぎ方「Play to earn(P2E)編」|廃猫

Cookin’ Burger、正式ローンチ日が決定

DEAはまた、GameFiプラットフォーム「PlayMining」で遊べる新タイトル「Cookin’ Burger」が6月30日(木)にローンチすることを正式に発表。

ローンチに先駆け、6月10日(金)12:00より、ゲーム内で使用できる中古屋台の「ショップNFT」が新たに同社のNFTマーケットプレイス「PlayMining NFT」にて追加販売される。

関連:DEA、新作ゲーム「Cookin’ Burger」のローンチとNFTアイテムの販売を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します