DEA、新作ゲーム「Cookin’ Burger」のローンチとNFTアイテムの販売を発表

新作タイトル「Cookin’ Burger」発表

ブロックチェーンを活用したGameFiプラットフォームを運営するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd. (以下DEA)が18日、新作タイトルとなる「Cookin’ Burger」の詳細を発表した。

DEAが運営するNFTマーケットプレイス「PlayMining」から発売されるゲームとしては第4作目となる同作品は、5月頃にまずベータ版が公開される予定となっている。

「Cookin’ Burger」の概要

株式会社バーガースタジオが開発を進めている「Cookin’ Burger」は、プレイヤーがバーガーショップの店員またはオーナーとして、様々なタイプのお客の注文を受け、正確かつスピーディーに料理を提供し、ショップの評判をあげていくことが目的のゲームだ。

プレイヤーは、屋台・トラックのグレードやロケーション、そしてメニューの組み合わせから成るNFTアイテムの「ショップNFT」を購入・保有することで、ゲーム中でショップのオーナーになることもできる。

ゲームプレイを通じてショップの評判を高めつつ、評判に基づくランキングにより報酬としてDEAPcoin(ディープコイン:DEP)を獲得出来る仕組みだ。

また、「ショップNFT」の購入によってオーナーとなったプレイヤーは、ゲーム内に実装されている「スカラーシップ機能」を活用すると、アルバイト(スカラー)を雇って自分の代わりに他のプレイヤーにゲームをプレイしてもらうことのできるシステムも導入されている。

ゲーム内NFTアイテム、18日から先行販売開始

Cookin’ Burger」発表を記念し、ゲーム内で使用できるNFTアイテム「ショップNFT」が「PlayMining NFT」にて3月18日(金)12:00(JST)からゲームローンチまでの期間、先行販売が開始される。

販売される「ショップNFT」の概要は以下の通りだ。

  • 屋台 (エコノミー):13,000 DEP
  • 屋台 (デラックス):63,000 DEP
  • トラック(中古):125,000 DEP
  • トラック(エコノミー) :250,000 DEP
  • トラック(デラックス):625,000 DEP
  • ゲーム開発会社CEOによるコメント

    Cookin’ Burger」を開発する、株式会社バーガースタジオのCEO清田貴史氏は、今回の発表に際し次のようにコメントした。

    クリエーターにフレンドリーなプラットホームなので、私達のような少人数チームでも参入することができました。本作は「自分のお店を持つ」という夢を、カジュアルな「料理ゲーム」として体現できるようにデザインしていますので、世界中の皆さまに「Play to Earn」という新しい体験をご提供できればと思います。

        

    DEPコインについて

    DEAが独自発行するディープコイン(DEAPcoin:DEP)は、今年1月26日に国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるBITPointでの取り扱いが開始されている。

    関連:国内初、暗号資産取引所BITPointに上場したディープコイン(DEP)とは

    今月8日には、ケイマン諸島を拠点とする大手取引所「BitMart」、台湾を拠点とする取引所「ACE Exchange」、およびインドが拠点の「Bitbns」といった、3社の海外取引所に上場決定したことも発表されている。

    関連:DEA、人気漫画「カイジ」とのコラボを発表 カイジNFT発売へ

    24時間上昇率ランキング(国内)
    24時間下落率ランキング(国内)
    1週間上昇率ランキング(国内)
    1週間下落率ランキング(国内)
    時価総額ランキング(国内)

    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
    「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します