GMO、Web3分野の投資部門を設立へ

GMOのWeb3ベンチャー

GMOインターネットは8日、Web3(分散型ウェブ)に投資するための新たなコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)を6月下旬に設立する予定だ。日本経済新聞が報道した。

報道によると、GMOのCVCはWeb3のスタートアップに金銭的支援に加え、仮想通貨取引などで培ってきたWeb3関連技術も提供。なお、投資の規模や1件あたりの投資額については定かではない。

また、GMO傘下の暗号資産取引所GMOコインは対象となるスタートアップの事業内容や資金用途などの審査を担当し、独自の「トークン」の販売を仲介するIEOによる資金調達も支援するという。

関連仮想通貨取引所GMOコイン、初のIEOを開始 

政府は7日、NFTやDAOの利用等のWeb3推進に向けた環境整備を本格化する「骨太方針2022」を閣議決定した。国内Web3企業への投資は今後より多く活発になると見込まれる。

関連日本政府、Web3の環境整備を本格化 骨太方針を閣議決定 

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します