仮想通貨取引所GMOコイン、初のIEOを開始  第一弾はJ2リーグFC琉球の「FCRコイン」

IEOを開始

暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは27日、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に所属するFC琉球の独自トークン「FCRコイン(FCR)」のIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を開始した。

IEOの募集期間は5月18日の14時59分まで。1FCRの価格は2.2円で、1口あたりの数量は2,500FCRである。1口から申し込みが可能で、最大の申し込み口数は9,000とし、調達総額は約10億円を見込む。FC琉球は今回調達する資金を、現在J2リーグで戦うチームの強化育成費やスタジアム施設関連費、FCRコインの活用ができるプラットフォーム「FC RYUKYU SOCIO」のエコシステム構築等に使用するという。

IEOとは

英語の正式な表記は「Initial Exchange Offering」。トークン販売を通じて、プロジェクトの資金調達を仮想通貨取引所が支援する仕組みを指す。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨IEOの注意点 国内外の事例と参加方法は

GMOコインは2018年のシーズンから、パートナーとしてFC琉球を応援してきた。今回はIEOの第一弾として、2022年シーズンのオフィシャルトップパートナーを務めるFC琉球の独自トークンを取り扱うと説明している。

関連仮想通貨取引所GMOコイン、2020年もサッカーFC琉球と協賛

FCRコインは、イーサリアム(ETH)の規格「ERC-20」で発行。総発行枚数は10億枚で、そのうち45%に相当する4.5億枚をIEOで販売する。IEOの抽選とFCRコインの受け渡しは5月18日に行う計画だ。

関連多様な仮想通貨(ビットコイン)取引が持ち味のGMOコイン 初心者にもおすすめな理由と特徴を解説

日本におけるIEOは、2021年にコインチェックが実施した「パレットトークン(PLT)」が初めて。FC琉球のIEOはプロスポーツクラブでは初とされる。最近は、フォビジャパンがIEOによる資金調達事業の準備を開始したことを発表したり、Zaifを運営するカイカエクスチェンジがIEOの開始を検討していることを発表したりするなど、国内でも動きが活発化してきた。

関連国内初のコインチェックIEO、仮想通貨パレットトークン(PLT)の特徴と魅力とは

NFTも発行

FC琉球は今回のIEOを記念し、公式マスコット「ジンベーニョ」のNFT(非代替性トークン)を無償配布することも発表した。

3月31日時点でFC琉球のサポーターである「ベンガラ会員」または「ゴールド会員」だった人々へNFTを無償で配布。IEOをきっかけにしてFC琉球を応援してくれるようになった人へは、1,000個のNFTを抽選で無償配布するとしている。

今回のNFTは、FC琉球で初となる公式NFT。保有者にはFC RYUKYU SOCIO内の限定コンテンツへのアクセス権や、FC琉球のホームゲームや公式イベントで特別体験に参加できる特典が与えられる。また、FCRコインと共にNFTにも、これから様々な付加価値を設けていく予定だと説明した。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します