マネーグラム、USDC送金サービスを開始

数カ国で開始

米大手送金企業マネーグラムは10日、ユーザーが暗号資産(仮想通貨)ステーブルコインUSDCによる即時送金を行えるサービスを正式にローンチした。

このサービスは「Crypto-to-Cash(仮想通貨から現金へ)」というもので、仮想通貨ステラ(XLM)対応のウォレットのユーザーがマネーグラムのプラットフォームからUSDCを送金したり、受け手がUSDCを法定通貨に換金したりできる。5月末にサービスローンチの準備をしていることが報じられていた。

関連送金大手マネーグラム、USDC送金サービスをローンチへ

最初に対応するのは、VibrantとLOBSTRという2つのステラ接続のデジタルウォレットで、今後より多くのウォレットにも対応予定。

また、初めは米国、カナダ、フィリピン、ケニアを含む一部の国で利用できるが、6月末までにマネーグラムが稼働する全ての国からも利用可能になる。

関連ステーブルコイン、そのリスクを考察 CONNECTV・動画解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します