テラ(LUNA)共同創設者、毎月100億円を現金化してきたとする疑惑を否定

計3300億円の現金化疑惑

暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)の開発を主導するTerraform Labs社のDo Kwon共同創設者は、テラクラシック(LUNC)のエコシステム崩壊前に、3年近くに渡って毎月約100億円(8,000万ドル)相当を現金化し、合計で約3300億円(27億ドル)を得たとする疑惑を否定した。

事の発端は11日、テラ・リサーチフォーラムの活動家「FatManTerra」が告発した内容がツイッターで拡散されたことにある。しかし、Kwon氏は過去2年間の収入はTerraForm Labs(TFL)からの現金給与のみだとして、これを強く否定。「不要な糾弾」を避けるためにトークンの創業者割り当ての受け取りを延期したことも明かしている。

これだけは言える。私が何かから27億ドルを現金化したという主張は、断じて間違っている。

約3300億円もの金額を流通市場にまともに投じていれば仮想通貨LUNAやUSTの暴落を引き起し、USTのディペッグが生じて早期にシステムが崩壊していただろう。それ程の出口戦略をどこで実行したのか?

FatManは、Do Kwon氏が大衆にDeFi(分散型金融)プロトコル「Abracadabra.Money」を使って極端な規模のレバレッジファーミングを行うよう先導し、分厚い流動性を生み出すことに成功し、価値を棄損させずに「USDTなどの米ドル・ステーブルコインへキャッシュアウトすることに成功した」と述べている。

巨額の出口戦略

出典:Abracadabra.Money

Abracadabraの「Degenbox USTストラテジー」では、ステーブルコインの借入行為を自動で繰り返すことが出来るようになっている。ユーザーはUSTを担保にステーブルコインMIMを借り、それを「MIM-USTプール」でUSTへとスワップする。USTを貯蓄口座「Anchor Protocol」に預け入れ、その債権トークン「aust」を使って再びUSTを借り、それをまたAnchorに入れる。という具合に、流動性のポジションにレバレッジをかけることができる。

このステーキングと債権トークンを担保とした借入のループは、stETHのような他のステーキング資産にも採用されている。これらのレバレッジをかけたファーミング戦略は、高い報酬を得られる代わりに清算リスクを伴う不安定な投資行為だ。

関連:レンディング大手セルシウス(Celsius)、資金引き出しの一時停止を発表

FatManTerraはまた、仮想通貨市場の強気相場の間にDo Kwon氏やテラコミュニティのインフルエンサーはこの戦略を大々的に宣伝し、USTの1ドルの目標価格の上限付近(0.98ドル~1.00ドル)に膨大な流動性が創出された結果、毎月約100億円もの現金化が可能になった、と述べる。

仮想通貨取引所Binance、KuCoin、Huobiなどに送られたとしてデータを公開しており、Luna Foundation Guard(LFG)側に”適切な透明性と説明責任 “を求めた。

一方、Kwon氏はこうした主張の矛盾点を指摘した上で、「虚偽を広めることは、すべてのLUNA投資家の痛みを増すだけだ」と語り、コミュニティに対して不安を煽る主張から遠ざかるよう呼びかけ、次のように締めくくっている。

疑いが晴れるといいのだが。被害者面をしたくないのであまり言わなかったが、私も暴落で資産をほとんど失った。何度も言っていることだが、私は本当にお金のことをあまり気にしていない。

関連:韓国検察、UST急落巡りTerraform Labsの全従業員を調査へ=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します