国内取引所FTX JP、23日に銘柄の新規上場を予定

銘柄新規上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所FTX JPは17日、6月23日に銘柄の新規上場を予定することを発表した。

新たに上場するのは2つの銘柄だが、どの銘柄かは明かしていない。22日にそれらを発表し、現物及びパーペチュアル取引で対応するという。

FTX JPは現在、10種類の銘柄を取り扱っている。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)XRP、ベーシックアテンショントークン(BAT)、ライトコイン(LTC)、ソラナ(SOL)、FTXトークン(FTT)、ポルカドット(DOT)、ステラルーメン(XLM)*パーペチュアルのみの10銘柄に対応し、国内ではSOLとFTTを取り扱っている唯一の取引所だ。

関連大手仮想通貨取引所FTX、日本で「FTX JP」本格ローンチ

関連FTX社長が語る、仮想通貨の冬を乗り越えるカギとは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します