CoinPostで今最も読まれています

NFTゲーム「クリプトニンジャパーティー」の1stセール開催間近、イケハヤ氏とHashPalette吉田氏が展望語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Palette Chain上のNFTゲーム

6月17日(金)、2023年1月〜3月にリリース予定のブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!(CNPT)」のAMA(質問)セッションが、Twitterで実施されました。

「CNPT」は、実業家のイケダハヤト氏がプロデュースするNFT(非代替性トークン)コレクション「CrtptoNinja NFT」を題材にした作品。

2021年9⽉に始まった、忍者がモチーフの⽇本発NFTコレクションで、2022年5⽉時点でNFT取引総額は187ETH(5,000万円相当)に達するなど、NFTコレクションとして日本有数の取引⾼に達しました。

ゲームの基盤となるブロックチェーンには、HashPalette社が開発・発行するNFT特化ブロックチェーン「Palette(パレット)」を採用。ゲームをプレイすることによりトークンを獲得することができる「Play to Earn(P2E)」のエコシステムが設計されています。

セール情報について

ゲーム開発は、HashPortのゲーム部門である「HashGames」が手掛けており、注目すべき第1回「NFTセール」は2022年7月1日(金)から13日(水)まで、専用のNFTマーケットプレイス「PLT Place」で開催されます。

販売方式は抽選販売 (先行Deposit)で、1stセールでの購入はパレットトークン(PLT)払いのみ。2ndセール以降はクレジットカード決済にも対応予定。

セール価格

7月開催の「1stセール」は、通常料金よりも割引価格での提供となります。最高レアリティの「Legendary」は限定10体、「Epic」は500体、「Rare」は2000体です。

抽選受付期間

抽選受付期間は、NFTのレアリティごとに異なるため要注意。詳細は以下をご覧ください。

当選発表については、「Legendary」7月5日20:00、「Epic」は7月9日20:00、「Rare」は7月13日20:00に行われます。NFTセールの第二弾と第三弾は、今年8月と9月に実施予定です。

CNPTのゲーム内容

「CNPT」は、カジュアルなミニゲームが集まった形式で、他プレイヤーと協力・対戦プレイを楽しめます

出典:HashGames

各種ミニゲームは、「NinjaNFT」をロックすることでプレイ可能。ロックしたNFTのレアリティやレベル及びパラメーターによって、ゲームスコアやゲームプレイで獲得できるEXPが変動します。

将来的には、ユーザーがゲーム制作に間接的に携わることで報酬を得られる「Create to Earn」システムも導入予定です。

制作したゲームのプレイ回数などに応じて、ゲームクリエイターは報酬として、ゲーム内通貨の「EXP」や独自トークンを獲得することができるようになる予定です。

AMAの内容

AMAには、Hashportの吉田 世博CEO(最高経営責任者)とイケダハヤト氏が出演。約1時間に渡って「CNPT」のシステムや、将来的な展望に関する質疑応答が行われました。

以下は、AMAで行われた主な質問とその回答です。

Q:イケハヤさんから見たパレットチェーンの魅力と、「CNPT」に活かしたい点を教えて下さい。

A:(イケハヤ氏)仮想通貨の投資家的な観点で言うと、パレットトークン(PLT)はすごく面白い銘柄だなと、前から思っていて。

やはり、日本市場に特化したNFT(非代替性トークン)などのコンテンツ系にフォーカスしたブロックチェーンは唯一無二です。日本はコンテンツ産業で非常に強いので、結構なマーケット規模がある。

EVM互換だし、国内大手取引所のコインチェックにも上場していて、他ブロックチェーンとのブリッジ機能もある。パレットチェーンはまだ始まったばかりの状態ですけど、一年後とかには「CNPT」も含めて、いろんな形で使われていくブロックチェーンになるんじゃないかなと。

Q:なぜ2人が出会い、タッグを組むことになったんですか?

A:(吉田 世博 氏)昨年11月ぐらいに、イケハヤさんがTwitterで「CryptoNinjaのインディーズゲームを作りたい」って呟かれていて。

当時、Hashportではすでにゲームの計画が進んでいて、今のグローバルのメジャートレンドに沿ったスカラーシップができるようなNFTゲームを、日本コンテンツを活用して作るというプロジェクトが動いていました。

実証したい仮説の一つは、「日本の凄いメジャーなゲームをNFTゲーム化したときに、どのような化学反応が起きるのか?」というところですね。

ユーザーの溜まり場っていうのは、濃いコミュニティでないと生まれないんですね。なぜかというと、英語が苦手な人と英語のネイティブスピーカーが一緒にゲームをしても「感情的価値」ってなかなか生まれないと思っているんです。

その点、CryptoNinjaさんとかやっぱすごいよなと。コミュニティーの結束の強さっていう意味でも、成り立ちっていう意味でも。

ちょうどそんな風に考えていたところでしたので、私の方からイケハヤさんに連絡させて頂いた。そして翌週ミーティングをして、プロジェクトがスタートしたっていう背景があります。

Q:「CNPT」に向けてどんどん盛り上がってますが、準備しておくものや備えは必要でしょうか?

A:(吉田 世博 氏)購入準備としましてはPLT Placeですね。マーケットプレイスがございます。

特徴は、一つはクレジットカード決済ができるところ。カードとPLTトークンの両方で決済出来ます。あとこれはパレットチェーン全体の特徴なんですが、ガス(ネットワーク手数料)を意識することなく取引可能です。

PLT Placeで実際発行されたNFTというのは、イーサリアム上でも使うことが可能で非常に便利なマーケットプレイスとなっています。

これが(利用のための)ファーストステップですね。ニ個目は、NFTミント(発行)に必要なウォレットです。

PLTウォレットは簡単にセットアップができるモバイルウォレットで、AndroidとiOSで提供しています。

決済に加えて、PLTを多く持っていらっしゃる方は、優先的に購入ができる販売設計になっております。ご興味があってある方がいれば是非、PLTも保有いただいて、今回のセールに参加いただけたらと思っております。

ツイッターとディスコードでも、情報発信を積極的にしております。

こういうコミュニティがあるサービスでゲームを楽しむということであれば、交流をするっていうのは、すごく重要なポイントだと思ってますので、ご登録いただけたらと思ってます。今登録をすると色々キャンペーンもやってますので、確認して頂ければ幸いです。

Q:「Create to Earn」がとても興味深いですが、特に面白いポイントを教えて下さい。

A:(吉田氏)本作は「ミニゲーム集」の様な形式をとっております。そういった意味で、ミニゲームの専用ツールを段階的に整備をしていこうと思っております。

ゲーム内にクリエーターが創作するオリジナルキャラクターを反映出来るようにして行きたいと思っております。

どちらかというと、創作するゲームそのもののクオリティを上げてもらうというよりも、コミュニティの中で盛り上がる仕掛けを、「Create to Earn」のところで意識していただくと良いと思っております。

クリエイターがもらえる金額(報酬)というのも、盛り上がりにある程度比例できるような形で準備していきたいと考えています。

Q:ゲーム内でCNPホルダーやCNPJホルダー限定の企画やイベントなどを行う予定はありますか

A:(吉田氏)そういったコラボレーションは、ぜひ一緒にやっていきましょうということで、イケハヤさんともお話をさせていただいています。

10個以上CNPTを持っている大口保有者の方は必ず「レア」が買えて、30個以上持ってる方は必ず「エピック」が買える形になっています。実施方法に関してはディスコードにて専用チャンネルでWalet connectして、保有数に応じてロールを付与する形式となります。

(PLT保有者が得られる特典について)2つ用意しております。1つ目は、エルフマスターで(の抽選販売に)外れた方を対象に準備をしております。

過去問題になった「複数アカウント」についても対策済みで、かなりの数を排除しておりますので、ご安心頂いて参加いただければと思います

2つ目は、PLTトークンをステーキングしていただいている方向けに当選しやすいような形にしております。「1万PLT」以上をステーキングいただいている方には希望者の中から抽選で100名様に、ホワイトリストを割り当てさせていただきます。

3万以上ステーキングしている方はホワイトリストの中でですね、レアが確実に買える権利を付与します。5万PLT以上ステーキングしている方は、エピックとレアの両方のホワイトリストを確定とさせていただきます。

(*現在は、募集終了しております)

HashGamesについて

HashGamesは、2022年2月に設立が発表されました。

第一弾の「ELF Masters(エルフマスターズ)」のほか、東証1部上場企業のenishが開発・販売するスマートフォン向けオンラインRPGをベースにNFTゲーム化した最新作「De:Lithe Φ (ディライズ ファイ)」を準備中。

2022年4月1日にPLT Placeで開催された、「エルフマスターズ」第一回セールでは、スターターパック1,500セット(マスターレアパック: 500点/30,000円、 ウルトラレアパック: 1,000点/15,000円)、計3,000万円相当が即完売するなど人気を博しました。

これらの3作品は、いずれもHashPaletteが開発するブロックチェーン「Palette(パレット)」上のサービスとして展開され、クロスチェーンハブ機能を活かしたマルチチェーン対応や海外ユーザーへのマーケティング支援サポートなども実施する予定です。

「パレット」チェーンは、アニメや漫画、スポーツや音楽向けのもので、日本発のデジタルコンテンツをNFT(非代替性トークン)として発行し、管理や流通まで行うことができるのが特徴。PLTはそのネイティブトークンで、コンセンサスノードの報酬支払やガス代、NFTの売買の通貨として利用されます。

「Palette(パレット)」について

「Palette(パレット)」は、NFT(Non-Fungible Token)を利用したコンテンツ流通に最適化されたブロックチェーンネットワークであり、日本発コンテンツのNFTを通じた流通強化を目的にしています。

異なるブロックチェーン同士をまたぐNFTのクロスチェーン技術を実装していることも大きな特徴であり、パレットで発行したNFTを、イーサリアム(Ethereum)を始めとする他のブロックチェーンネットワークに転送することも可能です。「PLT(パレットトークン)」は、パレットエコシステムにおけるコンセンサスノード運営報酬の支払い、スマートコントラクトの発行手数料(GAS)の支払い、NFT売買の決済などの用途で使用されます。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア