ウクライナ政府、CryptoPunksの売却益を抗戦の資金に

寄付されたNFTを売却

ウクライナ政府は以前寄付された著名NFTコレクションCryptoPunksの1つを売却し、ロシア抗戦の資金に充てることがわかった。

ウクライナのAlex Bornyakovデジタル改革省副大臣は21日にSNSで発表を行った。売却されたのは「CryptoPunk #5364」で、90ETH(1,330万円)の売上となった。

「CryptoPunk #5364」は3月にウクライナ政府の公式寄付サイト「AidForUkraine」に寄付されたNFTで、当時のフロア価格は150ETHだったが、弱気相場の影響を受け大幅に下落した。

関連ウクライナ政府、NFT寄付サイトをローンチ

なお、ウクライナ政府及び民間団体は2月に開始したロシア侵攻以来、人道支援や戦争努力のための支援金として、計180億円以上の仮想通貨寄付金を受けていた。

関連クリスティーズのNFT専門家、Yuga Labsに転職へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します