Binance US、約70億円の資金調達を計画中か=報道

約70億円の資金調達を計画

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの米国法人「Binance US」が、最大約70億円(5,000万ドル)の資金調達を計画していると、CoinPost提携メディアThe Blockなど複数の海外メディアが報じている。

バイナンスUSは22年4月、シードラウンドで約270億円(2億ドル)を調達。出資には、RRE Ventures、Foundation Capital、Original Capital、VanEck、Circle Ventures、Gaingels、Gold Houseなどが参加した。

報道によると今回の資金調達は、約6,130億円(45億ドル)の評価額で行われる。戦略的パートナーから出資を引き出すことを目標としているという。

関係筋は、今回の資金調達はシリーズAではなく、シードラウンドの継続に相当すると海外メディアCoinDeskに説明。なお、Binance USは、4月のシードラウンドの際、追加の資金調達を行う計画を予告。また、CEOのBrian Shroder氏も先週Protocolのインタビューで、新たな資金調達を行う旨を明かしていた。

精力的事業を拡大中

バイナンスは、仮想通貨市場が厳しい状況にある中でも、精力的に事業の拡大を進めている。

5月末には、イタリアで仮想通貨事業ライセンスを取得。同月には中東の国バーレーンの中央銀行から暗号資産サービスプロバイダー(CASP)としてより幅広いライセンスを取得したことも発表した。

6月初頭には、VC部門「バイナンスラボ」が新たなファンドで650億円(5億ドル)を調達したことや、大手DEX(分散型取引所)PancakeSwapに戦略的出資を行なったことも明らかになっている。

関連:バイナンス、中東バーレーンで事業ライセンスを拡大

関連:バイナンス、エスクローサービスを開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します