グッチ、SuperRareのトークンを購入

Vault Art Spaceを構築へ

高級ファッションブランドのGucci(グッチ)は23日、NFT電子市場「SuperRare」のガバナンストークンを購入し、独自のNFTギャラリー「Vault Art Space」をローンチすることが明らかになった。

発表はニューヨーク市のNFTカンファレンス「NFT.NYC」で行われたもので、Gucciは約340万円に相当する150,000 RAREトークンを購入し、SuperRareのDAOに参加。SuperRare上の独自のバーチャル空間「Vault Art Space」で29名のアーティストによる作品を含むNFTを販売する計画だ。

Gucciは今年からWeb3の関連事業を始めた。2月に米アート・トイメイカーの「Superplastic」と提携し「スーパーグッチ」という初のNFTコレクションをリリースした。また、メタバースゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」で仮想土地を購入し、独自のメタバースを構築するとしている。

関連グッチ、「スーパーグッチ」NFTをリリースへ

関連グッチ、ザ・サンドボックスで仮想土地を購入

SuperRareは2017年に立ち上げられたもので、昨年3月に著名投資家Mark Cuban氏やセールスフォースCEOなどの著名投資家らから約10億円を調達。OpenSeaやMagic Edenといった大手NFT電子市場の出来高には及ばないものの、1対1のNFTにこだわる点は独立系アーティストや有名ブランドには好まれているようだ。

関連ソラナ基盤NFT電子市場「Magic Eden」、新たに177億円調達

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します