米コインベース初、ビットコイン先物をローンチへ

「Coinbase Derivatives Exchange」

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは24日、同社初のビットコイン先物を6月27日にローンチする予定を発表した。同社初のデリバティブ商品になる。

コインベースが提供するビットコイン先物は「Nano Bitcoin futures contract(BIT)」というもので、CMEが提供しているビットコインのマイクロ先物に類似。

取引関しては、「Coinbase Derivatives Exchange」から提供。Coinbase Derivatives Exchangeは、コインベースが1月に買収したCFTCのライセンスを持つデリバティブ取引所FairXをリブランディングした子会社だ。多くの証券会社(ブローカー)口座からアクセスできる。

関連米コインベース、デリバティブ取引所FairXを買収

今後コインベースのユーザーが直接利用できるように現在CFTCに認可を申請中だという。

なお、コインベースのライバルであるFTX.USは5月に株取引プラットフォーム「FTX Stocks」をローンチした。FTX Stocksでは、米ドルのステーブルコイン「USDC」の利用が業界初として可能となり、取引手数料は無料だ。

関連米国版FTX、株取引サービス拡大に向け「証券スタートアップ」の買収準備か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します