CoinPostで今最も読まれています

米CFTCの規制権限拡大の機運高まる──仮想通貨関連の公聴会

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「デジタル資産規制の未来」

米国下院農業委員会の分科会(商品取引所、エネルギー、信用取引)は23日、デジタル資産の規制について公聴会を開催し、規制の現状と将来の規制の枠組みについて議論した。同委員会は商品先物取引委員会(CFTC)を管轄している。

分科会のSean Patrick Maloney委員長は、冒頭陳述でCFTCが仮想通貨市場の規制当局および執行機関として果たしてきた役割に言及する中、その権限が限られているため、「市場の監督と規制にギャップがあることを懸念している」と述べた。

規制の必要性は明白だが、「どのように規制するかが重要であり、新しい考え方が必要かもしれない」と述べた上で、Maloney氏は、議会が正しく行動することにより、「CFTCに投資家保護に必要なツールを与えつつ、米国でイノベーションを促進することも可能だ」と主張した。

公聴会ではCFTCのVincent McGonagle市場監視部門ディレクター、ジョージタウン大学法学部のChristopher Brummer教授、ブロックチェーン分析企業Chainalysisの共同設立者で最高戦略責任者のJonathan Levin氏、カルダノ開発企業Input Output GlobalのCharles Hoskinson最高経営責任者が証言を行った。

CFTCとは

商品取引所に上場する商品や金利、デリバティブ全般など、米国の先物取引市場を監督する機関。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨市場とCFTC

CFTCのMcGonagles氏は、デジタル資産は商品取引法に基づいて「商品(コモディティ)」であると広く判断されていると述べ、これまでもCFTCが指定契約市場で上場している先物、オプション、スワップについて幅広い規制監督をおこなってきたことに言及した。一方、CFTCに現物市場を規制する直接的な法的権限はないが、州を跨いだ仮想通貨を含む商品現物市場に対し、不正防止や虚偽報告などに関する執行権限を有すると述べた。

以上のような経緯から、仮想通貨に関する深い理解と経験を有するCFTCは、今後も顧客保護の使命を履行していくと、同氏は主張した。

一方、Brummer教授はCFTCと証券取引委員会(SEC)の規制当局としての、強みと弱みに言及。CFTCのこれまでのビットコインおよびイーサリアム先物市場の監督経験から、現物市場への監督権限拡大も可能だとの考えを示した。一方、SECと比較した場合、組織としてCFTCの規模や予算が劣ること、また情報開示に関しては向上の余地がある点を指摘した。

Maloney委員長から改めて、「CFTCは現物市場を規制する直接的な法的権限を持つべきか」と尋ねられると、Brummer氏はCFTCにはその能力があることは間違いないが、適切な予算と人員が必要になると付け加えた。

関連:米超党派議員ら、仮想通貨の規制を明確化する法案提出

仮想通貨の特徴と可能性

ChainalysisのLevin氏は、仮想通貨の基盤となっているブロックチェーンの透明性により、仮想通貨市場についての独自の洞察が得られ、リスクに対する理解も深まると主張。また、不正行為に関してもネットワーク全体の情報を解き明かし、市場操作の傾向などについても、当局が理解するためのデータが揃っていると指摘した。

そして、安定し規制に準拠した市場を米国で構築することが重要であり、規制当局の責任について明確にすることがその一歩となるだろうと付け加えた。

Input Output GlobalのHoskinson氏は、ブロックチェーン技術の真の力とは、その普遍性であり、イノベーションのためのパーミッションレスモデルだと指摘。そのため、一国内で中央集権型の規制当局に規制を委ねることは効果的ではなく、規制すること自体を抑制してしまう恐れがあると述べた。

仮想通貨は「金融の幹細胞」であり、いかなる資産にもなる可能性があり、時間と共に変わることもあるが、その原理は変わらないため、カテゴリーや細部によって規制するのではなく原理を基盤とした規制を考える方が良いと主張した。

ブロックチェーンによってもたらされる新しい可能性の結果を予想するのではなく、例えば、どのようなリスクに対処するのか、消費者の基本的権利は何か、最大の恩恵を受けるにはどのように新たなツールを使うのかなどが重要だと語った。

90年代に米国議会が制定したインターネット規制の枠組みが、数兆円規模の企業を生み出したように、現議会も、仮想通貨業界と協業し、原理を基盤とした規制のアプローチを取ることで優れた成果を上げることができるだろうと、Hoskinson氏は結んだ。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧