バイナンス、ブラジルで新たな入出金パートナーと提携

バイナンス、Latam Gatewayと提携へ

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは24日、ブラジルにおけるユーザー入出金について、新たに地元の決済プロバイダーLatam Gatewayと新たに提携すると発表した。複数メディアが報道した。

経緯として、バイナンスはこれまで決済企業Capitualと提携して、ブラジル中央銀行開発の即時決済システム「ピックス(Pix)」を入出金に用いていたが、今後はパートナー企業をLatam Gatewayに切り替える格好だ

バイナンスは、コインポストの提携メディアThe Blockに対して、「Capitualは先週からサービスを提供していなかった」と述べた。

また、「Latam Gatewayとの統合プロセスはまもなく完了する予定であり、ピックスの取引が再び正常に稼働するようになればユーザーに報告する」としている。具体的な日付は明かしていない。

当局認可の証券会社買収を模索

バイナンスは3月、ブラジルの証券会社Sim;paul Investimentos(シンポール・インベストメントス)の買収を模索する覚書を調印したことを発表している。この取り組みにも関連して、Latam Gatewayのサービスを利用開始するという。

シンポールは、ブラジル中銀とブラジル証券取引委員会(CVM)の認可を受けたブラジルの証券会社である。

バイナンスによると、この買収は、ブラジルで仮想通貨とブロックチェーンのエコシステムをさらに発展させることを目的としているという。バイナンスのChangpeng Zhao(CZ)CEOは、次のようにコメントした。

ブラジルのような急速に発展する市場で、仮想通貨は人々の生活を変革し、便利にすることができる。バイナンスは地元当局と完全に協力しながら、ブラジルのコミュニティとエコシステムの発展に貢献していけると考えている。

バイナンスは2020年7月に、ブラジル証券取引委員会より、未登録の事業者であると警告されており、2021年にはブラジルのウェブサイトでの先物取引を停止していた。当局の認可を受けた取引所の買収には、こうした状況を改善する狙いもありそうだ。

ブラジル証券取引委員会(CVM)とは

ブラジルの規制当局。政策の構築や規制により、公正な金融サービス業界を維持することを役割とする。

▶️仮想通貨用語集

ピックスによる入出金を一時停止

地元メディアPortal do Criptoなどの報道によると、バイナンスは17日に、ブラジル・レアルでのピックス入出金の提供を停止していた。また、このことはブラジル中央銀行の新しい政策に関係があった可能性がある。バイナンスは、本件と関連するユーザーに次のようなメッセージを送っている。

ブラジル中央銀行の新たな政策により、ピックスなどを経由したブラジル・レアル入出金経路が不安定な状態となっています。この方法での入出金は停止されていますが、他の方法での入出金は可能ですのでご安心ください。

ブラジル中央銀行は、ピックス決済のプロバイダーに、16日までに、新たな顧客確認(KYC)要件を採用するよう求めていた。

ただ、地元メディアによると、これまでのパートナー企業Capitualは「提携関係にある国際的な取引所へのサービスは正常に動いており、当社がバイナンスへのサービス提供を中断したという情報は正しくない」 と述べている。

Capitualによると、同プラットフォームはKYC関連の修正を実施済で、他のパートナー取引所KuCoinやHuobiは、この修正をシステムに適応させたという。一方で、バイナンスがこれを行ったかはまだ未確認としている。

Capitualのコメントを考慮すると、バイナンスが自らCapitualのサービスを利用停止したタイミングと、政策変更のタイミングが重なった可能性もある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します