CoinPostで今最も読まれています

バイナンス、ブラジルで新たな入出金パートナーと提携

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンス、Latam Gatewayと提携へ

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは24日、ブラジルにおけるユーザー入出金について、新たに地元の決済プロバイダーLatam Gatewayと新たに提携すると発表した。複数メディアが報道した。

経緯として、バイナンスはこれまで決済企業Capitualと提携して、ブラジル中央銀行開発の即時決済システム「ピックス(Pix)」を入出金に用いていたが、今後はパートナー企業をLatam Gatewayに切り替える格好だ

バイナンスは、コインポストの提携メディアThe Blockに対して、「Capitualは先週からサービスを提供していなかった」と述べた。

また、「Latam Gatewayとの統合プロセスはまもなく完了する予定であり、ピックスの取引が再び正常に稼働するようになればユーザーに報告する」としている。具体的な日付は明かしていない。

当局認可の証券会社買収を模索

バイナンスは3月、ブラジルの証券会社Sim;paul Investimentos(シンポール・インベストメントス)の買収を模索する覚書を調印したことを発表している。この取り組みにも関連して、Latam Gatewayのサービスを利用開始するという。

シンポールは、ブラジル中銀とブラジル証券取引委員会(CVM)の認可を受けたブラジルの証券会社である。

バイナンスによると、この買収は、ブラジルで仮想通貨とブロックチェーンのエコシステムをさらに発展させることを目的としているという。バイナンスのChangpeng Zhao(CZ)CEOは、次のようにコメントした。

ブラジルのような急速に発展する市場で、仮想通貨は人々の生活を変革し、便利にすることができる。バイナンスは地元当局と完全に協力しながら、ブラジルのコミュニティとエコシステムの発展に貢献していけると考えている。

バイナンスは2020年7月に、ブラジル証券取引委員会より、未登録の事業者であると警告されており、2021年にはブラジルのウェブサイトでの先物取引を停止していた。当局の認可を受けた取引所の買収には、こうした状況を改善する狙いもありそうだ。

ブラジル証券取引委員会(CVM)とは

ブラジルの規制当局。政策の構築や規制により、公正な金融サービス業界を維持することを役割とする。

▶️仮想通貨用語集

ピックスによる入出金を一時停止

地元メディアPortal do Criptoなどの報道によると、バイナンスは17日に、ブラジル・レアルでのピックス入出金の提供を停止していた。また、このことはブラジル中央銀行の新しい政策に関係があった可能性がある。バイナンスは、本件と関連するユーザーに次のようなメッセージを送っている。

ブラジル中央銀行の新たな政策により、ピックスなどを経由したブラジル・レアル入出金経路が不安定な状態となっています。この方法での入出金は停止されていますが、他の方法での入出金は可能ですのでご安心ください。

ブラジル中央銀行は、ピックス決済のプロバイダーに、16日までに、新たな顧客確認(KYC)要件を採用するよう求めていた。

ただ、地元メディアによると、これまでのパートナー企業Capitualは「提携関係にある国際的な取引所へのサービスは正常に動いており、当社がバイナンスへのサービス提供を中断したという情報は正しくない」 と述べている。

Capitualによると、同プラットフォームはKYC関連の修正を実施済で、他のパートナー取引所KuCoinやHuobiは、この修正をシステムに適応させたという。一方で、バイナンスがこれを行ったかはまだ未確認としている。

Capitualのコメントを考慮すると、バイナンスが自らCapitualのサービスを利用停止したタイミングと、政策変更のタイミングが重なった可能性もある。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
16:27
イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。
12:15
ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始
ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは仮想通貨の取引サービスを開始した。まずビットコインとイーサリアムを取り扱うとしている。
11:59
仏ソシエテ銀、イーサリアム上でデジタル証券を発行 ESG戦略の透明性を強化
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムブロックチェーンでセキュリティトークンを発行。ESGへの取り組みと透明性の向上を目指し、カーボンフットプリント情報を含むデジタルグリーンボンドを活用する。
10:45
「ビットコインは米国の利益を守る最善の手段」コインベースCEO
米仮想通貨取引所コインベースのCEOは、ビットコインなど仮想通貨が、インフレを背景に米ドルの代替手段として注目される可能性があると発言した。
10:20
Bybit、仮想通貨投資に関するレポート公開
Bybitは、投資に関するレポートを公開。このレポートでは、各種類の投資家が仮想通貨ビットコインやイーサリアムなどに、どのように資金を配分しているかを調べている。
08:30
仮想通貨ビットコインマイニング株大幅高、NYダウ反落
主要仮想通貨関連株はビットコインが42,000ドルに復帰したことを受け、5日に続伸した。一方、本日のNYダウは小幅反落しエヌビディアなど大型IT株も売られた。
07:30
「2024年まで20もの仮想通貨ETPを提供へ」カナダValour
カナダの仮想通貨ETP発行会社Valourは新たに2024年まで欧州で20もの仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)を提供する目標を掲げた。機関投資家の資金流入が追い風になっている。
07:02
エルサルバドル、ビットコイン投資の含み益がプラスに
エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、同国の仮想通貨ビットコイン投資の利益がプラスに転じたと公表。公表時点で約5.3億円の利益が出ている。
06:30
コインベース、仮想通貨ポリゴンなどの先物も提供
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週末、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。COIN株価は5.5%高。
06:00
国際版バイナンス、銘柄新規上場
仮想通貨取引所大手バイナンスは新たなステーブルコイン「Anchored Coins EUR (AEUR)」新規上場を実施した。先月バイナンスに上場した「ORDI」は一ヶ月で約9倍も上昇した。
05:30
米Franklin TempletonのCEO、ビットコインやアルトコイン保有を明かす
米Franklin TempletonのCEOはFortune誌のインタビューで自身が仮想通貨ビットコイン(BTC)や一部のアルトコインを保有していると明かした。
12/04 月曜日
15:11
グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明
米グレースケール・インベストメンツは公式ブログで、米国における現物ビットコインETFの承認は時間の問題であるとして、GBTCをビットコインETFとして、ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア