FTX、次のIEO予定を発表

IP3のIEO

グローバルな暗号資産(仮想通貨)取引所大手FTXは26日、新たなIEO(トークン販売)予定を発表した。

予定されているのは、CRIPCO(IP3)のIEOで、7月8日13時(UTC時間)に実施される。参加条件については、7月7日13時(UTC時間)までにFTTのステーキングおよびレベル2のKYC認証が必要となる。

IP3の購入方法はこれまでFTXのIEOと同様にチケット抽選制で、抽選に受かれば1チケットにつき1,500 IP3(0.2ドル)への入札ができる。また、1チケットにつき、入札金額の範囲は250ドル〜300ドルと設定可能だ。(詳細はこちら

CRIPCOは、IP(知的財産)3.0のバブとして、誰もがNFTのユーティリティを通じて二次コンテンツや商品を作ることができる、世界初の業界主導型DAO NFTプラットフォームを構築することを目指すプロジェクト。ユーザーはCRIPCO上で容易にNFTを売買することができるようになる。

CRIPCOの提携企業には、FTXベンチャーズやソラナベンチャーズなどがあり、プラットフォームには、NAVER Z CorporationやG-DRAGON、藤原ヒロシなどの企業や起業家が参加する予定だ。

関連『仮想通貨の下落トレンドとFTXのスタンス』FTX.US社長との独占インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します