ビットコイン22000ドル付近で一服、CMCの仮想通貨数2万種超に

仮想通貨市況

24日のニューヨーク株式市場では、ダウが前日比823ドル(2.6%)高、ナスダックが前日比375ドル(3.3%)高と大きく反発した。

金融引き締め、及び利上げペースを早めるFRB(米連邦準備制度)動向として警戒された米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過し、ヘッジ解消などで反動高を招いたとの見方が有力とみられる。

一方、週明け27日の暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインは前日比1.0%安の285万円(21,144ドル)と反落。

BTC/USD日足

21日の戻り高値が意識され利益確定売り優勢となった。アルトコイン市場でも前週末にかけて一時強まっていた騰勢に陰りがみられる。

データ分析企業CryptoQuantに投稿したmaartunn氏によれば、クジラ(大口投資家)及び米機関投資家からの売り圧力はここのところ減少している。同氏は、米最大手取引所コインベースとバイナンスの価格乖離を示す”プレミアム”値が、米国勢のセンチメントを示唆すると指摘した。

今月中旬の暴落局面では、株式市場の暴落やCelsius Network(セルシウス)や大手ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)の破綻危機などの悪材料が頻出し、大規模な売りの連鎖を招いた。

プレミアムギャップ指標によると、この際に最大-131ドルまでマイナス乖離が進んだが、25日時点で-5ドルまで解消されている。

出典:maartunn(CryptoQuant)

ブロックチェーン分析プラットフォームのSantimentのデータによれば、イーサリアム(ETH)は底値から30%以上上昇して1200ドル台を回復したが、利益・損失比のオンチェーンデータは過去5週間で最大まで伸びていると指摘。

クジラ(大口投資家)のアクティビティが休眠状態にある一方、個人投資家の利益確定が進んでいるとした。

また、今年に入ってから厳しい市況が続く中、仮想通貨(トークン)の種類は増え続けている。CoinMarketCapの6月26日時点で20,000種類を超えた。

CoinMarketCap

Finboldのデータによれば、2022年以降3,765種類の仮想通貨(トークン)が新たに誕生したが、依然としてビットコイン(BTC)の需要は群を抜いており、市場占有率を示すドミナンスは42%を占めている。

アルト市場

ザ・サンドボックス(SAND)が前週比38.1%高、ディセントラランド(MANA)が前週比23%高と上昇した。

メタバース(仮想空間)の標準化団体である「Metaverse Standards Forum(メタバース・スタンダード・フォーラム)」の設立とメンバーシップ発表を背景に思惑買いが集まった。

同フォーラムには、メタ(旧フェイスブック)、マイクロソフト、アドビ、エピックゲームズ、アリババ、ソニーなど大手企業や、World Wide Web Consortiumなど主要団体が計37参画する。

これまで新規参入の障壁となっていた、オープンかつ包括的なメタバースの相互運用性を調整し、データ通信などでグローバルの標準化規格を定めた上、メタバース関連の開発を促進することが目的にある。異なるプラットフォーム、及びゲームエンジンでも相互運用性を高めることで同じデジタルアイテムを利用することが出来るようになる可能性がある。

ザ・サンドボックス(SAND)やディセントラランド(MANA)などのメタバース関連銘柄は昨年10月、米最大手企業のフェイスブックがメタバース事業に注力するとして「Meta」に社名変更したことをきっかけに物色が始まり、しばらく高騰した経緯があった。

関連:フェイスブックが「Meta」に改名、メタバース事業でNFT領域に参入か

同ゲームのバーチャル土地であるLANDは今年3月、メガバンクの英HSBCと提携の上に購入されたことも反響を呼んだ。スポーツやゲーム分野での活用を目指して開発を行う。

関連:英HSBC、「ザ・サンドボックス」参入へ

関連:「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します