ディープコイン(DEP)、海外大手取引所Huobi Globalに上場

Huobi Global上場

ブロックチェーン活用によるGameFiプラットフォームを運営するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.(以下DEA)は29日、海外の大手暗号資産(仮想通貨)取引所「Huobi Global」にて、同社が発行する暗号資産「ディープコイン(DEP)」が30日に上場することを明らかにした。

シンガポールを拠点とするHuobi Globalは、取引高としては現在世界4位の規模を持つ取引所で、ユーザー数は1千万人を超える。500種類以上の銘柄に対応しており、世界の約200ヶ所にサービスセンターを設けている。

ディープコインの上場日は日本時間6月30日(木)の12:00で、扱われる取引ペアはDEP/USDTとなる。DEAは、同社が提供する独自のGameFiプラットフォームである「PlayMining」経済圏のさらなる強化に向け、アライアンス先の拡大を今後も進めていくとしている。

関連:取引所Huobi Global、ブロックチェーン投資部門を設立

関連:日本発パブリックブロックチェーン「Astar Network」がローンチ Huobi Global上場

DEAのコメント

今回のHuobi Global上場について、DEAの吉田直人CEOは次のようにコメントした。

「Play to Earn」 をグローバルに浸透させることをミッションとする弊社DEAと暗号資産業界を牽引し、強力なグローバルリーチを有する「Huobi Global」の戦略が上手く合致しました。

先日の6月11日、「Huobi Global」が発表したDeFi(分散型金融)とWeb3ブロックチェーンを取り扱う投資部門「Ivy Blocks」を設立したことや南米展開を強化するため、ラテンアメリカ発の暗号資産取引所「Bitex」を買収したことも追い風にとなり、今後の展開が非常に楽しみです。

    

PlayMiningで若者支援

またDEAは22日、十代の若者の孤立支援に取り組む認定NPO法人「D×P」(ディーピー)と提携し、Play to Earnゲームを活用した若者支援のセーフティネット構築を発表。

この取り組みでは、DEAが運営するGameFiプラットフォーム「PlayMining」のPlay to Earnゲームにおける「スカラーシップ制度」を利用する。対象となる不登校・中退・経済的困難などの境遇にある若者に対し、お金を稼ぐ機会を提供することで、 彼らの孤立や不安を解消すると同時に社会参加への一歩を踏み出すきっかけをつくることが目的だ。

DEAが発行する独自暗号資産のディープコイン(DEP)は、今月8日に国内取引所BITPOINTにて入金機能が導入されたことにより、ゲーム内で獲得したDEPは日本円に換金することができるようになった。

関連:ディープコイン(DEP)、ビットポイントでの日本円換金に対応

DEAは、「今後もESGの観点でのPlay to Earnの活用に積極的に取り組み、単にお金を稼ぐだけでない、新たな社会貢献モデルの構築にチャレンジする」としている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します