ZKロールアップ、メタマスクなどに一部導入へ

ConsenSysとStarkWare提携

仮想通貨イーサリアム(ETH)の関連ソフトウェア開発企業ConsenSysは、ZKロールアップの開発企業StarkWareと提携し、L2技術を導入する計画を発表した。

ConsenSysはイーサリアム基盤のウォレット「メタマスク(Metamask)」やインフラ開発ツール「Infura」などのサービスを提供する大手企業。StarkWareはETHスケーリングソリューションであるStarkNetのZKロールアップなどを開発している。

関連StarkWare、120億円超を資金調達 6カ月で企業評価額が4倍に

今回両社の提携によって、ZKロールアップを限定的にメタマスクとInfuraに導入することになる。メタマスクの場合は、開発者が実験開発環境である「StarkNet snap」から利用可能で、Infuraのほうではプライベートベータ版への導入に限られるという。

ZKロールアップはトランザクションを集約してオフチェーンで処理し、生成した暗号証明のみをイーサリアム・ブロックチェーンに保存する技術。競合のOptimisticロールアップより不正耐性が高く、送金の処理時間が短い等の利点がある。

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します